仙台育英・郡司裕也選手が活躍、佐藤世那投手も完投

仙台育英, 佐藤世那, 平沢大河, 郡司裕也

 仙台育英は滝川二高を7-1で勝利し3回戦に勝ち進んだ。この日は初戦にホームランを放った平沢大河選手はノーヒットに終わったものの、4番の郡司裕也選手がホームランに盗塁阻止の活躍を見せた。

攻守に活躍

 郡司裕也選手は180cm80kgの捕手で、仙台育英の4番を務め昨年秋の明治神宮大会で優勝、プロからも注目されている。この日は初回、50m5.9秒の足を持つ滝川二の根来祥汰選手が出塁すると、足と肩の対決が見られた。郡司選手は「来ると思っていた。フォークを投げて空振りさせて刺そうと思っていた」と話し、初球にフォークボールを要求、空振りを奪った後に素早い送球で根来選手を刺した。

 また5回には痛烈なライナーの打球がレフトスタンドに飛び込むホームランを放ち、投打に活躍を見せた。佐藤世那投手や平沢大河選手などが注目される中で4番捕手としてチームの要となる郡司選手、この選手がいるから仙台育英というチームがあるといってよい。

 

平沢選手、佐藤選手

 初戦でホームランを放った平沢大河選手、この日は5打数ノーヒット2三振だった。宮城大会も打率1割台、昨年夏も不調の時期が続くなど好不調の波が大きい選手だが、この日は第1打席の空振りは、あそこまで振れる高校生は少ない。また第2打席は浜風に向かってもフェンスギリギリまで飛ばす特大のライトフライで、やはり物が違う感じだった。

 またエース佐藤投手はこの日は不調だったと話したものの、打たせて取るピッチングで9回を6安打4奪三振1失点で完投した。センバツで投げ負けた敦賀気比の平沼翔太投手が姿を消した。メッセージをやり取りする仲でお互いを認め合ったとの再戦はならなかったが、秋に続く全国制覇に向けて邁進する。

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

郡司は守備の要としても、勝利に大きく貢献した。試合開始直後に滝川二の1番打者・根来祥汰中堅手(3年)に安打を許すと、エース・佐藤世の不調を即座に見抜いた。「ブルペンから調子悪かったが、始まってからもボールがきていなかった。三振ではなく打たせて取ろうと話して、あいつも力が抜けたと思う」と迷いなく変化球主体のリードに切り替えた。

初回、先頭打者の根来に安打を許した時点で「ストレートがシュート回転して『あれ?』という感じ。三振を狙うのはやめよう」。この決断が功を奏し、2回2死二塁では自ら中前に先制打を放つなど、投打で流れを引き寄せた。


PAGE TOP