九州国際大付・山本武白志選手が2試合連続3号ホームラン!

九州国際大付, 山本武白志

 九州国際大付の4番・山本武白志選手はこの日、6回の第3打席で2試合連続となるホームランを放った。初戦の2打席連続弾に続き今大会3本目のホームランだった。

速球狙う

 2回の第1打席では甲子園3打席連続ホームランを狙ったものの、作新学院・倉井勇輔投手の強気のピッチングの前に三振に斬って取られた。第2打席は死球を受け続く第3打席、倉井投手が何度も首を振り選択したストレートを狙いすまし、左中間スタンドに飛び込む2試合連続ホームランとなった。

 山本選手は「相手が一番自信を持っている球。絶対に打ってやろうと。走者もいなかったし、自分が決めるつもりだった」と話し、速球を狙い撃ちして結果を残したことについて話した。

 福岡大会では初戦の第1打席で推定130m~140mの特大弾を放ち、7球団のスカウトをあっと言わせた。横浜DeNAの吉田スカウト部長はその時、「最初の打席で本塁打というのは持っている証拠だ」と何かを持っている選手と評価していた。この甲子園では2打席連続弾や2試合連続弾を記録した山本選手、やはり何かを持っている。

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

大阪偕星学園(大阪)との2回戦で放った2打席連続に続く2戦連発、今大会3発目。狙いは直球に絞っていた。「相手が一番自信を持っている球。絶対に打ってやろうと。走者もいなかったし、自分が決めるつもりだった」。試合後、ポケットからホームランボールを取り出して会心の笑顔を見せた。

 

5回までわずか2安打と攻めあぐねた九州国際大付は、4番・山本が重苦しい雰囲気をフルスイングで一掃した。6回2死で「走者がいなかったから自分で決めよう」と直球を強振。左越えの先制ソロで均衡を破り「突破口になれた」と胸を張った。

持ってる男がまたやった。風が右翼から左翼へ穏やかに吹く0-0の六回二死走者なし。山本が1ボールからの直球をフルスイングすると、打球はぐんぐん伸びて夕日に映える左中間席に飛び込んだ。2回戦の2連発に続く2試合連続の本塁打で試合の流れをぐいっと引き寄せ、2-0の勝利に大きく貢献した。


PAGE TOP