早稲田実・清宮幸太郎選手、これからは追われる立場も

加藤雅樹, 早稲田実, 松本皓, 清宮幸太郎

 仙台育英の佐藤世那投手の前に抑えられた早稲田実の清宮幸太郎選手、加藤雅樹選手の3,4番、加藤選手は清宮選手に後を託して高校野球から卒業する。清宮選手は世代のトップリーダーとしてこれから追われる立場にもなる。

大きな壁

 これまで乗り越えてきた壁も決して低いものではない。西東京大会では甲子園優勝経験のある日大三や明治神宮大会、センバツで全国を経験した東海大菅生に勝って甲子園出場を決め、甲子園でも、常連の今治西、好投手を擁する広島新庄、好投手に強力な打線もある東海大甲府、九州国際大付に勝利した。しかしこの日は、今大会でも優勝候補に名が挙がり、昨年秋の明治神宮大会チャンピオンの仙台育英の、プロも注目する佐藤世那投手の前に3打数1安打、結果としてはまずまずだが、抑えられたという印象だった。

 まだ入学してから半年も経っていない。とにかく自分の力を生かし、インコースの球をライトの方に引っ張る。そして次第に外角を使われるようになるも、甘く来た外角の球はレフト方向に運べるようになった。しかしその外角の低めに、しかも沈む球を持つ佐藤投手を超えることはできなかった。

 佐藤投手のようなフォークボールや、きっちりと投げられる力のある投手は高校生ではなかなかいないだろうが、これからはこの攻め方を参考に、東京や全国の強豪が清宮選手にかかってくる。

 

追われる立場

 早稲田実には主将で4番で捕手を務めた加藤雅樹選手や、この夏に成長を見せた松本皓投手といった頼れる4年生がおり、その中でのびのびとプレーができた。しかし3年生が引退し、秋からはこれまでも取り組んでいたというサードの守備につき、加藤選手が抜ける4番を打つことになりそうだ。チームの中心としての重責も感じるようになるし、他球団から勝負を避けられたり、インコースの体近くを責められた理と様々なことをやられるようになる。

 また1年生の秋は、同じ世代の中からもチームの中心になってくる選手がたくさんいる。今は間違いなく世代のトップを走り注目される清宮選手だが、これからは同学年のライバルとも比較されるし、ライバルたちも清宮を超えることを目指して努力をする。

 これからが本当の高校野球を迎える。この中で成長し結果を残して、松井秀喜選手や清原和博選手のような本物の怪物となっていく。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

 

加藤選手は進路明言せず

 主将で4番で捕手とチームの中心となった早稲田実の加藤雅樹選手、この日の試合後には清宮選手について「高校野球史に残る活躍をしてほしい」というコメントが新聞には並んだ。しかし加藤選手の進路についてのコメントは今のところ書かれていない。

 リーダーシップも含めてドラフト候補なのは間違いないが、早稲田大進学が濃厚だろうか。加藤選手の将来も大いに期待したい。この夏に成長した松本皓投手は進学を明言した。来年からは東京六大学でプレーすることになる。

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

仙台育英・佐藤世の前にチームは6安打完封を喫した。清宮も直球、フォークのコンビネーションと徹底した外角攻めにほんろうされた。初回1死一塁では外角低め直球で二ゴロを打たされ今大会初の併殺打。3回は外角高めの球になんとか合わせて二塁内野安打としたが「自分のスイングをさせてもらえなかった」。四球を挟み8回の最終打席もフォークに二飛に終わった。
 初めての夏は終わった。1回戦、準決勝は超満員。大観衆、そしてテレビを見 る高校野球ファンの記憶に焼き付く打棒だった。1年生では史上初の2試合連続本塁打をマークし計8打点の活躍。高校公式戦デビューから14戦連続安打 のまま舞台を降りた。

会見では、3年生との日々を問われる度に声を詰まらせた。「優しさを本当に思い知った大会。恩返しできず悔しい。感謝してもしきれない。生まれ変わってもう一回、野球ができるなら、この上級生の皆さんと野球がしたい」。タオルで目頭を押さえ、むせび泣いた。


PAGE TOP