履正社、福井工大福井、明徳義塾のドラフト候補選手は?

北川智也, 吉田有哉, 安田尚憲, 松原任那, 若林将平, 西山虎太郎, 西浦颯大

明治神宮大会高校の部はこの日、履正社が福井工大福井に4-3で勝利、また明徳義塾は福岡大大濠に0-2で敗れた。好選手がそろうチームのドラフト候補を見てみる。

履正社

履正社はプロ注目の安田尚憲選手が登場、大きな体でスタンドからもどよめきが起きていたが、この日は3番サードで出場し3打数ノーヒットだった。工大福井の左腕・摺石投手の独特の変化球に第1打席は空振りの三振だった。しかし第3打席、第4打席はライトのフェンスギリギリまで運ぶあたりを見せ、対応力を見せていた。

4番の若林将平選手は3打数1安打で第2打席のレフト前ヒットはしっかりとしたスイングからのヒットだった。

また履正社では1年生の大型二遊間が目を惹いた。ショートの西山虎太郎選手は打撃は4打数ノーヒットも好守を披露し動きの良さを見せていた。セカンドの松原任那選手は186cmの選手、こちらは守備の動きはまだまだだが、守るところがないためセカンドに入っているという。この日は第2打席で2点タイムリー2ベースヒットを放ち、右の大砲候補として期待される。

福井工大福井

福井工大福井はレギュラーでは小柄な選手が多かったが、その中で1番の北川智也選手が第2打席でしっかりとしたスイングでライト前にヒット、第3打席もライト前にしっかりとはじき返した。

また福井工大福井は外野手の肩の強さが履正社を上回っているように見えた。特にライトの吉田有哉選手は強肩で正確な送球を見せていた。バッティングでも5番をうって4打数2安打、しっかりとしたスイングもある。168cmと小柄だが注目してゆきたい。

明徳義塾

明徳義塾は4番の西浦颯大が注目されたがこの日は4打数1安打、第1打席はレフトにうまく流したヒットだった。打席では豪快な空振りを見せ、福岡大大濠の三浦投手をも動揺させるものだったが、追い込まれると当てるバッティングになり迫力を失う。確実性を高めて追い込まれても自分のスイングができるような選手になってほしい。ただし相手投手のモーションを盗む盗塁など野球センスの高さは見せる。

また左のエース・北本佑斗投手も粘りがある好投手だが、右打者にはしっかりと引っ張られている。球威がもっと欲しい。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

福井工大福井高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

明徳義塾高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 


PAGE TOP