センバツ出場有力、清宮世代の注目の1年生打者

太田英毅, 宮里豊汰, 岡田悠希, 峯村貴希, 木本凌雅, 植田理久都, 橋本篤弥, 陶山勇軌, 難波侑平

センバツに出場が有力なチームの1年生打者の特集を、日刊スポーツが「野球の国から」のコーナーの中で取り扱っている。リストアップされている選手についてご紹介します。

清宮世代

昨年夏の早稲田実・清宮幸太郎選手の甲子園での2本塁打は、同世代の1年生世代にとって衝撃的だったと思う。というより、小学生時代から注目されていた清宮選手は多少なりと同世代に刺激を与え続けていたと思われ、「清宮世代」として有力な選手が力を見せ始めている。

今年のセンバツに出場有力な1年生打者では、常総学院の宮里豊汰選手に注目が集まる。1年生で常総学院の4番に座り、秋の関東大会では初戦でホームランを放つと、準々決勝、準決勝も2安打を放ち、決勝の木更津総合戦ではホームランと4打点を挙げ、4試合で13打数7安打6打点2本塁打の大暴れを見せた。力強く振りぬかれた打球はぐんぐんと伸びる。さく越えをしなかったもののフェンス直撃のヒットも多く、右のスラッガーとしての素質十分だ。

その関東大会で1番遊撃手として力を見せ、明治神宮大会の大阪桐蔭戦で高山優希投手から先頭打者ホームランを放ったのが木更津総合の峯村貴希選手。184cmの大型遊撃手で、足も守備もある選手として注目される。

関西では龍谷大平安の岡田悠希選手が注目されている。岡田選手は182cm80kgの体があり、龍谷大平安では入学後すぐの練習試合でホームランを放って春季大会にはベンチ入り、京都大会決勝で9番ライトで公式戦初出場をすると7回に決勝打を記録した。昨年秋の近畿大会では準々決勝の阪南大高戦でホームランを放つなど3打数2安打2打点、2回戦と準決勝ではノーヒットとまだまだではあるが、ここまで通算11本塁打を放つスラッガー候補に期待が高まる。

また岡本和真選手、廣岡大志選手と2年連続でプロ入りしたスラッガーを輩出した智弁学園からは、高校通算8本塁打を記録している太田英毅選手がいる。太田選手は1番バッターとして足も見せるが、主軸を打てる選手と期待されている。

日刊スポーツの特集では他には、明治神宮大会の札幌第一戦でホームランを放った高松商の植田理久都選手、秀岳館の強肩強打の捕手兼外野手・木本凌雅選手、常総学院の快足強肩・陶山勇軌選手、敦賀気比の橋本篤弥選手、創志学園の難波侑平選手を上げている。

センバツでの活躍が楽しみだ。

2017年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

清宮から刺激、平安・岡田「特大弾を」 日刊スポーツ紙面 2016/1/27

 


PAGE TOP