センバツ組み合わせ、プロ注目遊撃手の敦賀気比・林中勇輝選手と青森山田・三森大貴選手が初戦で激突

センバツの組み合わせ抽選が行われ、対戦カードが決定した。プロ注目の左腕、大阪桐蔭の高山優希投手、花咲徳栄の高橋昂也投手、木更津総合の早川隆久投手が同じブロックに入った。注目のカードなどや優勝予想などをしてみる。

1回戦の好カード

1日目第2試合では常総学院と鹿児島実が対戦する。常総学院は昨年のセンバツでも第1日目に登場し、1年生だったエースの鈴木昭汰投手が先発した米子北を圧倒した。プロも注目する大会屈指の投手となった鈴木投手に対し、鹿児島実のプロ注目スラッガー・綿屋樹選手がどんな打撃をみせるか。

2日目第2試合は明徳義塾と龍谷大平安が対戦、今年のドラフト注目選手としては明徳義塾の捕手・古賀優大選手と龍谷大平安の左腕・市岡奏馬投手が注目され、また新2年生でも明徳義塾の西浦颯大選手と龍谷大平安の岡田悠希選手が注目される。

3日目第2試合は東邦と関東第一の対戦、東邦はドラフト1位候補のエースで4番・藤嶋健人選手が注目される。投球では甲子園で実績を残しているが、打撃面で甲子園で1本は見せてくれるだろう。神宮球場の中段に放り込んだ打撃に注目。関東第一は1番バッター宮本瑛己選手が50m5.9秒の俊足があり、オコエ瑠偉選手のようにチームを引っ張るプレーが期待される。

4日目第3試合は秀岳館が花咲徳栄と対戦、プロ注目の145キロ左腕、花咲徳栄の高橋昂也投手と秀岳館の支柱、九鬼隆平捕手の打撃と捕手としてのプレーに注目したい。

5日目第1試合は東海大甲府と創志学園が対決、創志学園の150キロ右腕・高田萌生投手に、東海大甲府の松岡隼祐選手、福武修選手、大岡稜選手はどんな打撃を見せるか。

6日目第1試合の敦賀気比と青森山田も注目。ともに地区大会を制して明治神宮大会で対戦をした両者、軍配は敦賀気比に挙がっている。昨年センバツ覇者で、今年もプロ注目の山崎颯一郎投手とともに、プロ注目の遊撃手・林中勇輝選手がいる敦賀気比に、こちらもプロ注目遊撃手の三森大貴選手がいる青森山田、1回戦屈指の対決となりそうだ。

優勝予想

個人的には、常総学院、智弁学園、東邦、龍谷大平安、木更津総合、大阪桐蔭、秀岳館、花咲徳栄、東海大甲府、高松商、敦賀気比が強そうに見え、常総学院、東邦、敦賀気比が勝ち上がりそうで、木更津総合と大阪桐蔭、秀岳館はどこが出てきてもおかしくない。

東邦は藤嶋健人投手以外にも140キロを超す投手が2人おり期待したいが、藤嶋選手以外の打線がカギとなりそう。常総学院は新2年生の4番・宮里豊汰選手選手が怖いものなしで振り回してきそうで、エース・鈴木投手は簡単に崩れない力もあり優勝候補の筆頭とみる。

木更津総合、大阪桐蔭、秀岳館の中では、早川隆久投手の安定感は抜群で木更津総合が勝ち抜くと予想、敦賀気比や山崎投手のピッチングいかんにかかわらず総合力が高く勝ち上がってくるとみるが、昨年秋のチャンピオン・高松商が勢いに乗ると手が付けられなくなる。

決勝の対戦は常総学院、木更津総合と予想する。

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP