センバツまであと4日、鹿児島実・綿屋樹選手、花咲徳栄・高橋昂也投手が甲子園練習

山下輝, 綿屋樹, 高橋昂也

3月20日に開幕するセンバツ高校野球まであと4日となった。この日は、鹿児島実・綿屋樹選手、花咲徳栄・高橋昂也投手などが甲子園練習を行った。

サク越え・綿屋樹選手

鹿児島実業の綿屋樹選手は、昨年夏の甲子園でも2年生ながら4番を打った。初戦の北海戦では6打数2安打を記録したものの、2回戦の中京大中京戦では上野翔太郎投手に4打数ノーヒットに抑えられた。

そして秋、その経験を活かして公式戦で打率.621に4本塁打を記録、練習試合も含めると8本塁打を放ち、高校通算20本まで伸ばした。この春の練習試合は4試合で2安打と当たりが出ていなかったが、この日の甲子園練習では右中間スタンドの中段に放り込む特大弾を放ち、「久しぶりにしっかり捉える事ができた」と話した。大会でもホームランが期待される。

また、この日練習を行った花咲徳栄で、ドラフト候補の左腕・高橋昂也投手も2度目となる甲子園のマウンドを踏み、「やっぱり投げやすいマウンドだと思いました。」と話した。145キロを記録する左腕投手で、さらに成長をしているという話もあり、こちらも大会が楽しみ。

その他、木更津総合、桐生第一、関東第一、釜石、長田などが練習を行い、木更津総合の新2年生で、185cm83kgのスラッガー・山下輝選手がライトポール際へ放り込んだ。山下選手も清宮幸太郎選手世代のスラッガーとして、龍谷大平安の岡田悠希選手や常総学院の宮里豊汰選手などとともに注目選手となるかもしれない。

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

鹿児島実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

木更津総合高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 


PAGE TOP