常総学院・宮里豊汰選手が甲子園練習で15スイング中4本さく越え

宮里豊汰, 常総学院

甲子園練習の最終日に常総学院が登場し、新2年生・宮里豊汰選手がフリー打撃で15スイングで4本のさく越え、バックスクリーンの左右に放り込んだ。

全国デビュー

今大会で怪物になる。宮里豊汰選手は常総学院の1番打者で、昨年秋の関東大会では横浜高校の151キロエース・藤平尚真投手から豪快にホームランを放つと、決勝の木更津総合戦でも第3打席でホームランを放ち、その後の打席は4四死球で勝負をしてもらえなかった。

巨人の阿部慎之助選手を意識した左足を上げるフォームで、バットが自分の背中を強くたたくほど、フルスイングを見せる。この日は初の甲子園に登場、フリー打撃では15スイング中4本のさく越え、レフトポール際へのさく越えの後、バックスクリーン方向へ2本、そして左中間に1本を放り込み、その破壊力を見せつけた。宮里選手は甲子園について「普通です。そんなに感激はないです」と話した。

清宮幸太郎選手が昨年夏の大会でスターとなったが、今大会では宮里選手がその道を歩むのではないかと思う。甲子園で新たな怪物が登場する事になりそうだ。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

常総学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

宮里が乾いた打球音を響かせ、バックスクリーンの左右へ豪快に叩き込んだ。左翼ポール際、左中間席にも放り込み、15スイングで計4発。2年生4番は「調子が上がってきました。気持ち良かったです」と笑顔で汗を拭った。


PAGE TOP