明石商・吉高壮投手が145キロで勝利、東邦・藤嶋健人投手は敗戦

吉高壮, 明石商, 東邦高, 藤嶋健人

センバツ高校野球大会、明石商の吉高壮投手が自己最速145キロを記録し、9回5安打6奪三振で優勝候補の東邦を完封した。東邦の藤嶋健人投手も完投したものの8回8安打3失点、打撃でも2安打を記録したが、ホームランはなく甲子園から去った。

145キロ記録

明石商の吉高壮投手は、4回の松山仁彦選手の打席で自己最速の145キロを記録し、三振に仕留めた。その後も9回までヒットは散発の5本、要所を序盤は三振で、終盤は打たせて取るピッチングで抑え、完封勝利を挙げた。

東邦のプロ注目投手・藤嶋健人投手との投げ合いだった。観衆も44,000人が入る中での投球だった。気持ちで投げるタイプの吉高投手、これまでの自己最速144キロも、履正社の寺島成輝投手と投げ合った時に記録したものだったという。

身長が170cmと小柄だったため、中学までしていた投手を一度はあきらめ、高校入学時は野手で野球部に入部した。しかし、投げ方が良い事から投手を打診され、1年生の秋にはエースとなっていた。

甲子園でプロ注目投手を相手に投げ合い完封という結果は、今後も吉高投手を投手として導いてくれるだろう。

藤嶋投手、甲子園を去る

東邦の藤嶋健人投手はこの日は、初回に1点を失うと、7回、8回にも1点ずつをうしない0-3で敗れた。球速は8回に自己最速タイの146キロを記録して意地を見せた。

今大会は腕をコンパクトにしバランスを重視した投球フォームで、球速は140キロ前後だが伸びのある速球と、ナックルカーブを織り交ぜての投球を見せていた。投手として中日などは評価が高いものの、ドラフト1位で消えるようなもう1ランク上の投球には到達していない。

また打撃でもこの日も2ベースヒットなど2安打を記録したものの、明治神宮大会の2発のような、豪快なバッティングは見られなかった。3年生として、エースとして、主将として、勝つために変わったところがあるが、尖った魅力はやや消えていた感じがする。

春の大会、そして夏の大会が始まる。既にプロの評価は十分でドラフト上位では消えると思うが、打撃、投球ともにアピールするようなものが欲しいとも思った。

明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

序盤から力強い直球を軸に全開で挑んだ。相手は1回戦の関東第一戦で先発全員14安打を放った東邦打線。「4番投手」には約1年半前には遠い存在だった男の名前もあった。燃えていた。3回1死で松山を見逃し三振に抑えた一球は145キロを計測。16日の練習試合で今秋ドラフト候補左腕の履正社・寺島と投げ合った際の自己最速144キロを更新した。

校歌を歌い終えた吉高は、一塁側のアルプス席に向かおうとした瞬間、両太ももにけいれんを起こした。「初回から飛ばしすぎてしまった。でも、藤嶋君に投げ勝てたのは今後の野球人生で大きな財産になります」。パイプいすに座って取材を受けた170センチの小さなエースが、伝統校を相手に堂々の5安打完封だ。

8回8安打3失点で、1年夏に続いて2回戦で屈したが、8回に自己最速タイの146キロをマーク。4番としても2安打で意地は見せた。


PAGE TOP