木更津総合・早川隆久投手、8回2安打も9回に逆転敗戦

早川隆久, 木更津総合

木更津総合の早川隆久投手は、秀岳館打線を8回2安打に抑えていたものの、9回に2点を失いサヨナラで敗れた。9回2アウトでフルカウントからの1球に動揺を隠せなかった。

9回判定負け

早川隆久投手は強打の秀岳館打線に対し、低めに制球された切れの良い投球で8回まで2安打、5イニングを3人で片づけるなどテンポよく抑えた。先頭打者をヒットや味方のエラーなどで出しても落ち着いて抑え、好投を続けていた。

しかし9回、先頭打者に四球を与えてしまう。その後、犠打とファーストゴロで2アウトまでこぎつけ、5番・天本選手にもフルカウントまで追い込む。そして投じたインコース低めのストレートは「ベストボール。決まったと思った」と文句なしの球だったが、審判の手は上がらなかった。

その後、動揺があったと思う。ライト前ヒットで同点、センター前ヒットで逆転サヨナラ負けを喫した。「インコースを攻めた結果なので悔いはない」と話したものの、「思わず審判が手を上げるような球を投げないといけない。僕の力不足です」と話した。

8回2/3を投げて4安打3奪三振5四球で2失点、9回判定負けという形になってしまったが、先頭打者の四球が悔やまれた。

NO.1左腕

昨年の秋季関東大会では、花咲徳栄の高橋昂也投手、常総学院の鈴木昭汰投手といった左腕と比較されたが、高橋投手と投げ合って勝利すると関東大会で優勝した。また明治神宮大会では大阪桐蔭の左腕・高山優希投手と投げ合い敗れたものの、今大会で再び投げ合い、今度は勝利した。

左腕投手では龍谷大平安の市岡奏馬投手がベスト4に勝ち進んだものの、大会NO.1左腕と言ってよいだろう。

春季大会、夏の大会と再びNO.1左腕を巡り、高橋投手や鈴木投手、そして高山投手や市岡投手などと対戦する事になりそうだが、NO.1左腕のポジションを守り続けたい。そして夏の甲子園で再び姿を見せて欲しい。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

木更津総合高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

あと1球だった。完封目前の9回2死三塁、フルカウント。木更津総合の早川は内角低めに直球を投げ込んだ。「ベストボール。(ストライクゾーンに)決まったと思った」。だが、判定はボール。四球でピンチを広げ、後続に連打を浴びた。

「自分でも一瞬勝ったと思った。最高の球で、悔いはないです」。エースは八回まで強力打線を2安打に抑えた。高めの変化球を釣り球に使い、低めへの直球の制球力は抜群だった。


PAGE TOP