高校野球神奈川大会(2016):ドラフト注目度A

公家響, 北村朋也, 増田珠, 小川隼平, 工藤俊, 村田雄大, 森山孔介, 浅見遼太郎, 田沼風樹, 石川達也, 篁将希, 藤平尚真, 角谷隆之介, 金田悠太朗, 高田孝一

昨年は東海大相模が全国制覇、小笠原慎之介投手がドラフト1位で指名され、吉田凌投手もプロ入りをしている。またドラフトでは横浜創学館の望月惇志投手が阪神のドラフト4位でしめいされプロでも急成長をしているという。今年もドラフト1位候補やプロが注目する選手がそろい、ドラフト注目度はA。

地区

センバツに出場チームは無かったが、春季大会では横浜高校が高い実力を示して関東大会で準優勝をしている。今のところ、横浜高校の力が抜けているように見えるが、トーナメントでは好投手と対戦するだけで予測できなくなるところがある。ライバル・東海大相模や桐蔭学園、桐光学園、平塚学園などに、横浜高校の強力打線を抑えられそうな実力のある投手もおり、今年も目が離せない。

組み合わせでは横浜と東海大相模が反対のブロックに入り、決勝まで対戦しない形となった。横浜のブロックには横浜隼人などが、東海大相模のブロックには日大藤沢や慶応高、藤嶺藤沢などが入った。

注目選手

今年の高校生右腕投手でNO.1の評価を受けるのが横浜高校の藤平尚真投手。この春に自己最速の153キロを記録し、高校生では打てないというスライダーなど変化球の完成度も高く、勝てる投手に成長をしている。昨年の小笠原慎之介投手のような成長曲線を描いており、ドラフト1位で消えるのは間違いないとみられる。

横浜高校は左のエース・石川達也投手の他、打者でも公家響選手、村田雄大選手は高校からすぐにプロ入りしてもおかしくない。また来年のドラフト注目選手となっている増田珠選手や福永奨選手が、そして1年生でも斎藤大輝選手、万波中正選手など注目選手が目白押しとなっている。

東海大相模も北村朋也の素質は高い。181cmから146キロの速球を投げプロも注目をしている。ただし今年に入ってからあまり話題になってこない所が気になる。1年生にも素質の高い投手が加入しており、北村投手に刺激をしている。

平塚学園の高田孝一投手も1年時の快進撃を見せた実力があり、質の高い本格派右腕投手で、夏の投球に注目したい。

その他の注目選手

桐蔭学園は中学時から注目されていた小川隼平選手、小川航平選手のツインズが最終学年を迎える。共に180cm以上の身長としっかりした体があり、隼平選手は185cmのサイドスローで140キロを記録する。

弥栄高校の篁将希投手は186cmの左腕投手で140キロを記録する。あまり登板機会がないものの横浜高校との試合で登板し力のある球を見せた。三浦学苑の田沼風樹投手はまだ線は細いものの130キロ後半の速球と変化球のキレが良く、強豪校相手に好投を見せている。厚木北の金田悠太朗投手も強豪相手に好投し神奈川の注目選手に挙がる。

横浜隼人の浅見遼太郎選手は長打力と俊足を兼ね備えた選手で高い身体能力を見せる。藤沢翔陵の森山孔介選手はショートも守る強肩強打の大型内野手として注目される。相模田名の工藤俊選手は50m5.9秒の足と遠投100mの強肩があり、東海大相模の北村投手からホームランを放つなど16本塁打の長打力のある遊撃手。

湘南高校には185cmから140キロを投げる角谷隆之介選手がいる。打撃でも注目されており、先輩の宮台康平投手が東大で輝いているように、将来は六大学で注目されるかもしれない。

2016年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP