高校野球・大分大会(2016):ドラフト注目度C

前田一輝, 千綿泰生, 大庭樹也, 山中大輝, 松島廉, 梶原昂希, 森崎達也, 水本雄也, 田中瑛斗

昨年のドラフト会議では大分商の森下暢仁投手がドラフト上位候補として注目され(明大進学)、川瀬晃選手が福岡ソフトバンクに6位で指名され、一昨年は佐野皓大投手がオリックスに、笠谷俊介投手がソフトバンクに指名されている。しかし今年は特に注目されているという選手はいない。

地区

昨夏は明豊が甲子園出場をしている。秋季大会は臼杵高校が優勝、春は大分高校がミラクルな快進撃を見せて優勝し、九州大会でもセンバツベスト4の秀岳館に勝っている。明豊が中心となりそうだが、大分、佐伯鶴城、柳ヶ浦、鶴崎工などが甲子園出場を狙う。

注目選手

注目選手として挙げられる選手はいない。

その他の選手

明豊の4番でエースの山中大輝選手は142キロの速球を投げ、打っても長打力抜群の身体能力の高さをもつ。またセカンドを守る大庭樹也選手は180cmの大型内野手で広角に鋭い打球を放つ力があり、守備も良い。捕手の麻生竜晟選手も肩に自信がある選手とのことで注目される。

藤蔭高校の水本雄也投手は2年時に142キロを投げており将来が楽しみな投手。2年生の緒方友哉投手は制球に課題も伸びのある速球を投げる。臼杵高校の松島廉投手も138キロの速球を強気に投げ込み昨秋優勝に貢献した。日田林工業の岩下海大投手も130キロ台だがコントロールの良い投球をする。大分商の前田一輝投手も1年生からベンチ入りしており130キロ後半の速球を投げる。

柳ヶ浦は2年生にU15代表だった千綿泰生選手と、143キロの速球を投げるという同じく2年生の田中瑛斗投手がおり、元プロの定岡智秋監督の選手の育成にも注目される。大分高校は2年生の三浦拓人選手が秀岳館戦でサヨナラヒットを打っておりセンスの良い選手と評価される。

大分雄城台梶原昂希選手は185cm75kgの大型選手で高い運動神経を見せる。大分南の森崎達也投手はサイドスローから139キロの力のある速球を投げる。

2016年度以降-高校生-大分県のドラフト候補リスト


PAGE TOP