高校野球・千葉大会(2016):ドラフト注目度A

三石和季, 丸茂弘汰, 伊藤翔, 加藤駿, 尾身健太朗, 峯村貴希, 島孝明, 川口廉, 早川隆久, 相川汰生吾, 酒巻翔

高校野球千葉大会のドラフト注目選手を紹介します。昨年は専大松戸の原嵩投手と渡邉大樹選手が千葉ロッテ東京ヤクルトに指名された。他にも市立柏出身の宇佐見真吾選手、船越涼太選手がそれぞれ大学、社会人を経由して巨人広島から指名を受け、野球処千葉を印象付けた。

地区

センバツに出場した木更津総合が投打のバランスの良さで一歩出ているようにも見える。センバツ後に疲労を取るために調整に入っているにエースの早川隆久投手の状態は気になるが、センバツでも札幌第一、大阪桐蔭に勝利し、強打の秀岳館を2点に抑えて接戦に持ち込むなど全国クラスの実力を持っている。

そこに待ったをかけたのが東海大市原望洋で、春季大会で木更津総合を撃破するとそのまま優勝を果たした。エース・島孝明投手の速球が光る。その他では春準優勝の千葉黎明やベスト4の千葉経大付、成田、他にも市立船橋、習志野、八千代松陰、千葉明徳もチームを作り上げてくるだろう。昨夏代表の専大松戸、常に上位に進出してくる松戸国際、それに今年U18代表監督の指揮を執る小枝氏が率いていた拓大紅陵も力を見せてきそうだ。

注目選手

木更津総合の早川隆久投手は注目される関東地方のサウスポーの中で、センバツで唯一活躍し評価を上げた。抜群のコントロールと変化球があり今の状態で大学で登板してもチームのエース格として安定したピッチングを見せる事ができるだろう。プロ入りとなると球威がもう少し欲しいという声もでるが、個人的にはプロに入っても時間がかからずに1軍で投げられそうな投手だと思うが、早稲田大進学の声もある。

154キロの速球を投げ球速が十分の東海大市原望洋・島孝明投手はドラフト上位指名候補として注目される。リリーフで県大会優勝に導き、関東大会では関東第一戦で先発を経験した。スタミナなどに課題を見せたが夏に向けて先発として準備をしている。横浜高校の藤平尚真投手と比べられる右腕だと思う。

木更津総合は2年生の峯村貴希選手も注目の大型内野手で、順調に成長してほしい。またリリーフでも三石和季投手も好投手。

その他の選手

習志野高校の1番・加藤駿選手は抜群の俊足を誇り、中学時代から全国でもトッププラスのプレーを見せていた。1年時から名門校の1番を打ち成長をしている。専大松戸は高校通算35本以上を打つ丸茂弘汰選手が185cm93kgの大型選手で、迫力あるバッティングを見せる。成田も県内屈指のスラッガー酒巻翔選手や岡本佳大選手などがおり、投げても140キロの尾身健太朗投手がいる。

千葉黎明の川口廉投手は182cmのサウスポーでキレの良い球を投げる。1年秋と3年春に関東大会出場を果たし、まだ課題はあるものの実績を残している。将来が楽しみな投手。チームには十和田圭介投手という140キロを投げる投手もいる。

千葉商大付の吉山栄太選手は特徴あるフォームから鋭いフォークボールを投げ、強豪校を苦しめそうだ。また打撃にも定評があり足もある。中央学院高の黒田海揮選手も遊撃手としてのプレーと50m6秒の俊足が光る。

横芝敬愛の伊藤翔投手は172cmと小柄だが冬を越えて球速はほぼ140キロを超す投手となっているようで注目したい。

東海大浦安の2年生・相川汰生吾選手は昨年秋に3試合で2本塁打を記録の左のスラッガー、今年は中心選手として注目をされそうだ。

2016年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP