高校野球・南北海道大会(2016):ドラフト注目度C

上出拓真, 倉内凱之, 山本琉生, 岡島颯, 斉藤上総, 若林楽人, 金澤祐汰, 阿部陽登

高校野球、南北海道大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では北海道の高校生の指名はなかったものの、昨年センバツで準優勝した東海大四や、夏は初戦敗退も北海高に力のある選手が多かった。また北海高校から北海学園大に進学した川越誠司選手が埼玉西武からドラフト2位で指名を受けるなど身体能力の高い選手も多い。

地区

昨年夏は北海が甲子園に出場、秋は札幌第一が制しセンバツに出場したが、1回戦で木更津総合に敗れている。そして春は札幌大谷が優勝し、北海道栄が準優勝をしている。また校名の変わった東海大札幌(旧東海大四)と白樺学園がベスト4入りしており、実力は高い。

注目選手

 

駒大苫小牧の阿部陽登投手は180cmの本格派で140キロ中盤の速球を投げる。きれいなフォームが魅力の投手だが、エースとしてぐいぐい引っ張るというよりは、左腕エースの阿部光輝投手とともに勝っていこうという感じが見える。素質は高く、大学野球などで1年目からいきなり活躍ができる投手だろう。駒大苫小牧では若林楽人外野手も遠投110mの強肩と打撃のセンスを評価されている。

その他の選手

北海道栄の金澤祐汰投手は175cmの左腕で、鋭いスライダーを投げ三振を奪える。札幌第一の上出拓真投手はセンバツで先発し6回8安打3失点も8つの三振を奪った。まだ線は細いものの182cmの投手で三振を奪う力がある。

北照高校の岡島颯選手はプロ注目の捕手。セカンドまで1.88秒を記録したという強肩が魅力。斉藤上総選手も小柄ながら強打のある遊撃手として道内NO.1の声もある。エースの山本琉生投手も140キロの速球を投げる179cm右腕。

札幌日大の倉内凱之選手は188cm85kgの大型選手で、投げては140キロ、打ってもものすごいスイングを見せる。

2016年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP