高校野球・群馬大会(2016):ドラフト注目度C

佐藤優人, 内池翔, 寺沢翔, 岡本卓也, 嶋田翔, 根岸崇裕, 金田海都, 鏑木風雅

高校野球群馬大会のドラフト注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議で群馬県の高校から直接指名されることはなかったが、2014年には前橋育の高橋光成投手が1位指名され、1年目から活躍を見せている。桐生第一、健大高崎など甲子園常連のチームからも好選手が続々と出てくる。

地区

昨夏の甲子園には健大高崎が出場し2回戦まで勝ち上がったが3回戦で秋田商に敗れた。秋は樹徳が制したものの、関東大会で成績を残した桐生第一がセンバツ出場をしている。その桐生第一はセンバツでは初戦で敗退した。

春は前橋育英が優勝し、関東大会でも花咲徳栄、関東第一、横浜高などの強豪を破って優勝をした。実力を高く評価されている。

注目選手

前橋育英のエース・佐藤優人投手は180cm80kgから144キロの速球を投げ、この春の関東大会優勝の立役者となった。決勝の横浜高校戦も8安打を許したものの1失点にまとめ9回を完投した。伸びのある速球は将来性十分といえる。チームでは2年生の190cm右腕・根岸崇裕投手も140キロを超す速球を投げ注目される。

また桐生第一はエースの内池翔投手がセンバツで攻略された。きれいなフォームの左腕投手だけにさらに成長をしてほしい投手。そのセンバツの試合でリリーフで130キロ後半の速球を連発して2回パーフェクト3奪三振の好投を見せた金田海都投手も、その投げっぷりを社会人などで見せれば将来のドラフト指名もあるかもしれない。チームでは2年生の鏑木風雅選手の評価が高い。

樹徳高校はプロが注目する182cmの大型捕手・嶋田翔選手がいる。強肩に打撃センスの良さも見せる。

その他の選手

伊勢崎清明の岡本卓也投手は冬に成長し139キロまで記録をしており、また打撃でも長打力を見せる選手とのこと。また、明和県央の寺沢翔投手は184cmからの角度のあるボールを投げる。

2016年度以降-高校生-群馬県のドラフト候補リスト


PAGE TOP