高校野球・東東京大会(2016):ドラフト注目度B

伊勢海星, 伊藤壮汰, 佐藤奨真, 大江竜聖, 宮本瑛己, 嶋崎草太郎, 永井敦士, 淵上聖司, 渡部健人, 矢崎裕希, 神戸友彰, 郡拓也, 鈴木翼, 関根智輝, 青木大河

高校野球、東東京大会のドラフト注目選手を紹介します。昨年は関東第一のオコエ瑠偉選手が注目され、ドラフト会議ではオコエ選手が東北楽天の1位指名、岩倉の巽大介投手が巨人の6位で指名された。今年はそこまで注目されている選手はいないものの、素質の高い選手がそろう。

地区

昨年夏は関東第一が出場しベスト4まで勝ち上がるなど高い実力を見せた。昨秋は関東第一が制し、二松学舎大付が準優勝したものの、センバツでは関東第一のみが選出された。その関東第一も東邦に完封負けしている。

春も関東第一と二松学舎大付が決勝で対戦し、関東第一が優勝、二松学舎大付が準優勝と秋と変わらない結果となった。ベスト4には東亜学園が入っている。その2校は関東大会でもともに1回戦に勝利し関東第一はベスト4に進出した。

東東京はこの2校が強いが、帝京、東亜学園など激戦が予想される。

注目選手

1年夏に甲子園に出場した二松学舎大付の大江竜聖投手は淡々と成長を見せており、140キロ後半を記録する速球は抜群の威力がある。やや好不調に並があるものの持ち前の気持ちの強さもありプロ向きの投手だろう。また、2年生の永井敦士選手は既に高校通算通算12本を超す長打力と50m6秒フラットの俊足があり、中学時代にボーイズ日本代表で世界一を経験している。

関東第一の左腕・佐藤奨真投手も春に素晴らしい投球を見せ、一皮むけた印象がある。キレのある変化球で勝負できる投手。

また都立城東の関根智輝投手は181cm83kgの体があり最速144キロの速球を投げる。プロのスカウトも集結する投手で本格派右腕では東京NO.1か。

その他の選手

帝京高校は2年生の岡崎心選手が1年で4番を打ち話題となった。その後はそれほど話題とならないが力のある選手。他にも捕手の郡拓也選手、和田勇樹内野手など体もありセンスの高い選手がそろう。投手でも外野手から転向した183cmの佐藤怜選手が角度があり楽しみ。

関東第一も50m5秒台の宮本瑛己選手、長打力がありセンバツで唯一のヒットを放った竹井丈人選手などがいる。修徳の淵上聖司選手はシャープな振りから鋭い打球を放つ打撃選手が良い。体ができてくれば楽しみな選手。

東亜学園は183cm85kgの鈴木翼選手の打撃がパワフルで、リリーフの青木大河投手も186cm84kgの大型投手。

東海大高輪台は嶋崎草太郎選手が180cmの捕手で足もあり1番バッターを任される。2年生の青木海斗は181cm、大西星夜選手は184cmのスラッガーで鋭いスイングを見せ、来年に向けて注目したい。

明大中野の川西雄大投手はサイドスローから140キロを投げ、大竹義輝投手も142キロを記録するWエース。小山台の矢崎裕希投手は185cmから140キロの速球を投げおろす。

日本ウェルネスの渡部健人選手は176cm105kgの巨漢選手だが、50m6.4秒で走りショートで俊敏な動きも見せる。22本塁打の長打力が特に注目。岩倉の伊勢海星選手は春に3本塁打、葛飾野の神戸友彰選手は4試合連続ホームランを記録し注目される。

2016年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP