高校野球・鹿児島大会(2016):ドラフト注目度B

前川大成, 太田龍, 平将太, 浜屋将太, 綿屋樹, 羽月隆太郎, 追立壮輝

高校野球、鹿児島大会のドラフト注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは鹿児島の高校生の指名はなかったが、鹿児島実、樟南などからは毎年のようにプロが注目する選手が現れる。鹿児島実・横田慎太郎選手(阪神)、鹿児島情報の二木康太投手(千葉ロッテ)など活躍をし始めている選手も登場している。

地区

昨夏、そして秋季大会を鹿児島実が制している。その鹿児島実は甲子園では1回戦は強さを発揮するものの2回戦の壁を突破できずに敗れている。この春は鹿児島実がいない中で神村学園と樟南が決勝に勝ち上がり、決勝では神村学園が大勝して優勝した。しかし九州大会では神村学園が福岡大大濠に1-11と大敗し、鹿児島実も長崎日大に敗れた。樟南は1回戦を勝ち上がった。

この3チームが強いものの決めてというものがない状況となり激戦が予想される。

注目選手

れいめいの太田龍選手は190cm90kgから最速149キロの速球を投げる。昨年の秋季九州大会で九産大九産の149キロ投手・梅野雄吾投手を打ち崩した鹿児島実の打者が、「太田の球の方が良いと感じた」と話しその実力がクローズアップされた太田投手、この春のNHK旗では149キロを記録し成長をしている。その後に肩を痛めたものの、状態は戻っており夏は非常に注目される事になりそうだ。

鹿児島実は公式戦打率が6割を超えるスラッガー・綿屋樹選手がいる。センバツでも常総の鈴木昭汰投手から5打数2安打1打点ときっちりと結果を残した。横田選手とは違ったタイプのスラッガーとしてプロ入りしても面白い。追立壮輝選手も甲子園でホームランを放ち活躍を見せた。

その他の選手

樟南は172cmと小柄ながら130キロ後半のキレのある速球と、非常にキレのあるスライダーを見せる浜屋将太投手が注目される。大学に進んで4年後にはドラフト上位に入ってくるのではないかと思う質の良い球を投げる。同じ左腕の畠中優大投手も180cmの身長がありコントロールの良さを誇る。この二人をリードする前川大成捕手はセカンドまで1.9秒の肩がありフットワークに定評がある。

鹿児島城西は140キロの速球を投げる平将太投手が注目され、神村学園も春に活躍を見せた内田雅輝投手と田中梅里選手の投打の軸に注目が集まる。また1年生の羽月隆太郎選手は140キロを記録する強肩と、50m5秒台の足がある身体能力抜群の選手で、再来年は注目されそうだ。

2016年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP