高校野球・栃木大会(2016):ドラフト注目度B

中山貴史, 五十幡亮汰, 今井達也, 大関秀太郎, 大関竜登, 御田駿介, 板垣理音, 水野敦之, 永沢楽, 石川翔, 若林佑弥

高校野球栃木大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では高校生の指名はありませんでしたが、作新学院の朝山広憲選手や白鴎大足利の大下誠一郎選手などが注目され、全国大会でも実力を発揮した。今年も素質の高い選手が多い。

地区

昨年夏は作新学院が甲子園に出場し、秋は白鴎大足利が制した。しかし関東大会は2位の文星芸大付もともに初戦で敗退しセンバツ出場はなかった。この春は文星芸大付が優勝し、青藍泰斗が準優勝、矢板中央や栃木工などが力を見せた。関東大会では文星芸大付が二松学舎大付に勝利している。

他にも佐野日大、国学院栃木や栃木高、真岡工なども力があり、大激戦が予想される。

注目選手

作新学院の今井達也投手は最速148キロを記録しており、練習試合では150キロ越えをしているという。この春は東北楽天など5球団のスカウトが視察した。180cmだがまだ線が細く、コントロールなど投手としての実力はまだまだも、潜在能力の魅力が大きく、ドラフト会議で名前が呼ばれるかもしれない。

白鴎大足利の水野敦之投手も180cmから145キロの速球を投げる。投手としても魅力だが中軸を打つ打撃にも注目されている。佐野日大の永沢楽投手も140キロ前後の速球を投げる。制球を乱して失点を重ねる場面も見られ、この夏に安定した投球を見せられれば面白い。

野手では佐野日大の五十幡亮汰選手の最後の夏に注目したい。中学陸上界の期待の星だった快足と、元プロコーチが絶賛した強肩の持ち主で、U15でもトップバッターとして活躍したが、高校野球では輝く姿を見せられていない。

青藍泰斗の板垣理音投手は182cm81kgの体があり142キロの速球を投げる。しっかりとした体があり質の良い投球を見せる。しかし2年生に146キロを記録した石川翔投手がおり、現在はリリーフとして投げている。素質的にもっと成長してもおかしくない投手だけに、夏に期待したい。

2年生も逸材が多く、石川投手の他に佐野日大の中山貴史投手は180cmの左腕で140キロを記録し田嶋大樹2世と評価、作新学院にも力強い速球を投げる左腕の大関秀太郎投手がいる。

その他の選手

真岡工の大関竜登投手は182cmから130キロ後半の質の良いストレートを投げ、また4番打者として長打力を放つ。

作新学院の小島寛生選手は183cmの選手で春の大会で2試合連続ホームランを記録した。鮎ヶ瀬一也選手は強肩強打の捕手、野球センスの高い藤野佑介選手、長打力もある小林虎太郎選手、コントロールの素晴らしい宇賀神陸玖投手など逸材がそろう。

春を制した文星芸大付は佐藤良亮投手と小野貴照捕手のバッテリーの呼吸の良さが目立つ。白鴎大足利の杉山海斗選手は鋭いスイングから強い打球を打ち分ける。また2年生の秋智也の長打力はすでに県NO.1と注目されている。

隠れた逸材では石橋高校の若林佑弥投手は183cm87kgの大型右腕で130キロ後半を投げる。御田駿介投手はサイドスローから136キロの速球を投げる。

2016年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト


PAGE TOP