高校野球・青森大会(2016):ドラフト注目度A

三森大貴, 伊藤瑠, 古屋敷匠真, 堀岡隼人, 田城飛翔, 石戸谷黛政, 種市篤暉, 竹本祐瑛

高校野球青森大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では藤崎工の藤田航生投手が埼玉西武から9位で指名を受け、八戸学院光星の呉屋開斗投手も中日から育成5位で指名をされた。下位ではあるが2人がプロ入りして注目された。また東北福祉大では八木彬投手が先発で結果を出しており、レベルの高さをうかがわせる。

地区

昨年夏は三沢商が甲子園に出場し注目されたが、初戦で花咲徳栄に3-15と大敗を喫した。秋は青森山田が優勝し、また八戸学院光星もセンバツ出場を果たす。しかしセンバツでは青森山田が敦賀気比に、八戸学院光星が龍谷大平安にそれぞれ完封負けした。

春は八戸西が優勝、聖愛が準優勝し、青森山田、八戸学院光星はともにベスト16で敗れている。東北大会では3位で出場した八戸工大一がベスト8まで勝ち上がったが、八戸西、聖愛は初戦で敗れた。

注目選手

八戸工大一の種市篤暉投手は最速148キロを記録しプロが注目している。春は背中を痛め結果を残せなかったが183cm83kgの体格もあり将来性も十分。チームでは種市投手の不在の穴を埋めた石戸谷黛政選手も普段は外野だが185cm90kgの左腕投手として注目を集めた。

八戸西の竹本祐瑛投手も184cmから143キロの速球を投げる。しなやかな腕の振りから110キロ台のカーブも良くこちらもプロ注目。

センバツ出場組では青森山田の三森大貴選手は昨年明治神宮大会で長打を見せた。センバツでは活躍の前に甲子園を去ってしまったが、180cmの大型遊撃手として将来を期待したい。エースの堀岡隼人投手は最速144キロを記録し、センバツは敦賀気比を3安打1失点に抑えた。バランスの良いフォームだがオーソドックスで少し物足りなさもあるが、体も大きくなっておりこちらも楽しみ。青森山田では内山昂思選手の評価も高い。

八戸学院光星の田城飛翔選手もプロのスカウトの評価が高い。ダイナミックな振りがあるが確実性もある。エースのセンバツで筋の良い投球を見せた櫻井一樹投手は右ひじを痛めて春はベンチ入りしなかった。大学などで実績を伸ばしそうな投手だと思う。

その他の選手

聖愛の伊藤瑠投手は184cm90kgの左腕投手、球速は最速で140キロ、でチームでも2年生にエース番号を譲るなど、元横浜高校部長の小倉氏が将来性を高く評価している。

2年生でも八戸工大一の古屋敷匠真投手が146キロの回転の良い速球を投げ、すでにプロも注目をしている。来年注目選手になるかもしれない。

2016年度以降-高校生-青森県のドラフト候補リスト


PAGE TOP