高校野球・宮城大会(2016):ドラフト注目度C

中島隼也, 杉澤龍, 渡辺法聖, 相沢英希, 福山龍旺, 鈴木俊介

高校野球宮城大会の注目選手を紹介します。昨年は仙台育英が高校野球の中心となり全体を盛り上げた。ドラフト会議でも平沢大河選手がドラフト1位指名で競合し、佐藤世那投手はU18でアメリカを完封し、ドラフトでもオリックスに6位で指名された。今年はどんな選手が注目されるか。

地区

昨年夏は仙台育英が甲子園で準優勝、佐藤世那投手の熱闘や平沢大河選手投手の好プレーは記憶に残った。秋も仙台育英が優勝し東北高校が準優勝をしている。しかし東北大会ではともにベスト8どまりでセンバツ出場を逃した。

春は東稜が優勝、東北が準優勝すると、東北大会でも両チームは勝ち上がって決勝で対戦し、東北高校が優勝、東稜が準優勝した。この両校が勢いにのっている。

注目選手

仙台育英の鈴木俊介投手は194cmの長身右腕投手、球速はまだ130キロ後半だがこの冬から成長を見せている。まだ下半身がつかえていなかったりと課題は多いものの将来を期待できる選手。

その他の選手

仙台育英では中島隼也投手が144キロを記録し球威に自信をのぞかせる。4番を打つ福山龍旺選手は188cm85kgの大型スラッガーでホームランも打てる他、140キロを記録する肩も魅力。2年生の遊撃手・西巻賢二選手や同じく2年生の長谷川拓帆投手など逸材がそろう。

東北高はエースの渡辺法聖投手は独特なテイクバックが特徴の左腕で、179cm82kgと体があることから、大学で使われて磨かれれば面白いかもしれない。2年生の熊谷航投手も180cm79kgの体がある右腕で138キロの速球とナックルを投げる。また1年生の杉澤龍選手は1年生ながら遊撃手のレギュラーとしてプレー、投げても138キロを記録する強肩が光る。

聖和学園は相沢英希投手が140キロの速球を投げるバランスの良い投手。

2016年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP