高校野球・山梨大会(2016):ドラフト注目度B

亀田啓太, 五十嵐寛人, 又木鉄平, 大岡稜, 小野寺瑞生, 松岡隼祐, 栗尾勇摩, 水上由伸, 沖野谷翔太, 渡部雄大, 瀧澤虎太朗, 片岡優大, 菊地大輝, 蓮岡凌

高校野球山梨大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは帝京三の茶谷健太選手が福岡ソフトバンクに4位指名された。東海大甲府や山梨学院大付などを中心に好選手を輩出し存在感を示している。

地区

昨年夏は東海大甲府が甲子園でも3回戦まで勝ち上がった。秋も東海大甲府が優勝し日本航空が準優勝、関東大会でも東海大甲府がベスト4に勝ち上がりセンバツ出場を果たした。センバツでは1回戦で創志学園と対戦し、高田萌生投手に完封されたが0-2の接戦を演じた。

春も東海大甲府が優勝、日本航空が準優勝、関東大会では東海大甲府が初戦で敗退も日本航空がベスト4まで勝ち上がり、県勢の強さを見せている。

注目選手

東海大甲府の菊地大輝投手もいよいよ最後の高校野球の大会となる。1年時より速球派投手として注目され、最速146キロまで記録している。しかし体重を乗せて投げる投球で、フォームもコントロールも悪いというわけはないのだが、もう一つ何かが欲しいと思わせる。

東海大甲府では守備に注目された福武修選手、1年時より高橋周平選手クラスの期待をされていた松岡隼祐選手や大岡稜選手も最後の大会となる。またコントロールが良く打たせて取る投球の松葉行人投手も筋が良い。2年生の亀田啓太捕手もセカンドまで2秒を切る強肩があり、180cm80kgのがっしりとした捕手。同じく2年生の沖野谷翔太選手も180cmの内野手で遠投100mの強肩と50m6.0秒の俊足がある。

そして東海大甲府は1年生が注目される。中学時に183cmの身長から143キロを投げていた小野寺瑞生投手と、北海道で130キロを超すキレの良い投球を見せ全国で注目された左腕の渡部雄大投手がすでにデビューしており、その投球が注目される。

その他の選手

日本航空の片岡優大投手は常に安定したピッチングができる投手で143キロのキレの良い球を投げる。山梨学院の瀧澤虎太朗選手は1年春からレギュラーを任されて実戦経験十分の4番打者。強肩と足も魅力。

帝京三の水上由伸投手は140キロの速球を投げ、日川高校の又木鉄平選手も182cmの左腕投手だが打撃の評価が高い。甲府工業の清水寛太投手は元々は内野手も強肩を買われて投手をしている。野球センスの高い選手。笛吹高校の田中寛大選手は長打もあるトップバッター。

2年生では山梨学院高の栗尾勇摩投手が182cmから143キロの速球を投げる本格派として、また五十嵐寛人選手も俊足強肩に長打力のある選手。駿台甲府には186cm90kgの蓮岡凌投手という大型投手がいるようだ。

2016年度以降-高校生-山梨県のドラフト候補リスト


PAGE TOP