高校野球・熊本大会(2016):ドラフト注目度B

九鬼隆平, 内村僚, 原田拓実, 小材龍輝, 山口翔, 有村大誠, 村上宗隆, 松下且興, 松尾大河, 池田熙之, 藤嶽佑大

高校野球熊本大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議ではルーテル学院の中村晨投手が福岡ソフトバンクの育成4位で、鎮西の山下篤郎投手が巨人の育成6位で指名された。今年はセンバツで秀岳館がベスト4まで勝ち上がる活躍を見せたが、その後に発生した震災もあり、選手への影響が気になる。

地区

昨年は九州学院が甲子園に出場したが、初戦で遊学館に敗退した。秋は決勝で秀岳館が九州学院を下して優勝すると、九州大会も制した。明治神宮大会では東邦の藤嶋健人選手に2発を浴びて初戦敗退も全国屈指の強豪として認識されると、センバツでは投打にバランスが良く、ベスト4まで勝ち上がった。

春の大会は九州学院が優勝、秀岳館は推薦で九州大会に出場したが、震災の影響が大きくともに初戦で敗れた。藤崎台球場が被害にあうなど大会開催にあたり様々な懸念があったが、予定通り夏の予選大会を藤崎台球場で行えるとのことで良かった。

注目選手

秀岳館の九鬼隆平選手は捕手としても打線としてもチームの要の選手で、体も強く将来は鍛えられて大きくなりそうな選手。1番の松尾大河選手と2番の原田拓実選手の出塁と足も光り、投手でも有村大誠投手が安定感を増している。有村投手は今後の成長が楽しみ。

九州学院は清宮世代の大型スラッガー・村上宗隆選手が注目される。186cm85kgの体から火の出るようなあたりを見せる。また同じく1年時に長打力を見せ期待されていた3年生の松下且興選手は4番を後輩に奪われたものの高校通算31本塁打を記録し、再び4番に返り咲いた。思い切りのよいスイングが魅力で名のある大学でプレーしていそうだ。2年生エースの藤嶽佑大投手は184cmの大型右腕で137キロの速球を投げ来年が期待される。

その他の選手

開新高校の池田熙之投手は183cmから141キロの速球を投げおろし、多彩な変化球も見せる。

有明の内村僚選手は素晴らしい打撃センスを持つ打てる捕手としてプロスカウトが注目している。必由館の小材龍輝選手は185cm90kgの選手で打っては抜群の長打力を見せ投げても力のある球を見せる。肘を痛めていたようだが復調したようで注目したい。鎮西は4番の竹村彰太選手や有田栄昇選手などどっしりとした体格の選手が持ち前の長打力を発揮する。

八代東の森琢真投手は130キロ後半を投げる左腕投手、甲佐高校の松尾知投手も良い球を投げる左腕投手だという。

熊本工は2年生の山口翔投手が右肩痛から復帰すると140キロを記録し力を見せ始めた。

2016年度以降-高校生-熊本県のドラフト候補リスト


PAGE TOP