高校野球・新潟大会(2016):ドラフト注目度C

バンゴーゼムゲレック高, 川村啓真, 廣瀬生成, 捧颯人, 松澤寛人, 江村伊吹, 竹林楓也, 荒木陵太, 西村勇輝, 遠藤莞生, 鈴木裕太

高校野球新潟大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では高校から直接指名はなかったが、日本文理の星兼太選手(現東農大)などが注目された。

地区

昨年は中越高校が甲子園に出場も、初戦で滝川二に敗れた。秋は日本文理が巻き返して優勝したが、北信越大会は勝てば甲子園出場濃厚だった佐久長聖戦で1-2で惜しくもセンバツ出場を逃した。

春は新潟明訓と北越が決勝に進出し11-10で新潟明訓が優勝、北信越大会でも初戦に勝利してベスト4に進出した。

注目選手

今年のドラフトでプロ入りしそうな注目選手はいない。

その他の選手

日本文理は選手層が厚い。捧颯人選手は50m5秒台の俊足と長打力があり、荒木陵太選手も1年時より実績のある県内屈指の強打者。また1年生の鈴木裕太投手はすでに141キロを記録する180cmの本格派で中学時代から注目されていた。2年生の川村啓真選手の打撃や183cmの2年生右腕・西村勇輝投手などの素質の高い選手も楽しみ。

五泉高校の廣瀬生成投手は130キロ後半の速球を投げる力があり、動く球や変化球もコントロールできる。糸魚川の松澤寛人投手はサイドから130キロ後半を記録し打ちにくい投手。北越の江村伊吹投手はサウスポーから138キロを記録、日本文理戦で完投し、中越を完封した。

帝京長岡のバンゴーゼムゲレック高選手は昨年夏に場外弾を放ったパワーがあり、投げても180cmの左腕として138キロを記録する。

加茂暁星には中学時代に139キロを投げて注目された1年生の竹林楓也投手が注目される181cmの本格派で新潟の高校野球の目玉になるかもしれない。2年生の遠藤莞生選手も打撃センスが良い。

2016年度以降-高校生-新潟県のドラフト候補リスト


PAGE TOP