高校野球・岩手大会(2016):ドラフト注目度C

佐々木大和, 千田雄大, 千葉耕太, 千葉英太, 大竹樹希哉, 小林亮介, 植田拓, 熊谷星南, 臼井春貴

高校野球岩手大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では花巻東の高橋樹也投手が広島から3位で指名を受けた。甲子園、U18代表で活躍をみせた。菊池雄星投手や大谷翔平投手など地元から驚くような選手が出てきて注目される。

地区

昨年夏は花巻東が甲子園に出場し、専大松戸、敦賀気比に勝利して3回戦に勝ち上がるも、準優勝の仙台育英に3-4で惜しくも敗れた。

秋は盛岡大付が優勝、釜石が準優勝、一関学院も3位となり東北大会に出場したが、盛岡大付、一関学院がベスト4に残るも青森山田と八戸学院光星に敗れセンバツ出場を逃した。

春は一関学院が優勝し花巻東が盛り返して準優勝、盛岡大付もベスト4に入り私学3強の争いが続く。

注目選手

花巻東の熊谷星南選手は高校通算33本塁打を記録する二塁手で、183cmの体もあり将来が非常に期待される。また193cmの千葉耕太投手は最速144キロを記録する。まだ安定感がなく投球の実績は少ないが、打撃では4番を打ち長打を見せる。

その他の選手

公立高校のエースに注目が集まる。千厩高の2年生・千葉英太投手は171cmと小柄だがキレのある138キロの速球が光り、春に1試合16奪三振を記録すると一関学院にも勝利するなど好投を見せた。

盛岡商の佐々木大和投手は最速143キロを誇る右腕で県内屈指の速球派、高田高校の千田雄大投手も130キロ中盤の速球とチェンジアップを織り交ぜた投球で専大北上に勝利した。

私学では一関学院の大竹樹希哉投手が左から切れの良い130キロ後半の速球を投げ、小林亮介は183cmの大型遊撃手で打撃もある。盛岡大付の2年生・植田拓選手は165cmと小柄だが通算20本を超す本塁打に50m5.9秒の足がある。同じ2年生の臼井春貴投手は1年時に140キロを超す速球を投げている。

2016年度以降-高校生-岩手県のドラフト候補リスト


PAGE TOP