高校野球・大阪大会(2016):ドラフト注目度A

中田聖太郎, 前川亮太, 古寺宏輝, 吉川恭司, 吉沢一翔, 安田尚憲, 寺嶋成輝, 山口裕次郎, 徳山壮磨, 根尾昴, 永広知紀, 神田大雅, 西田光汰, 香川麗爾, 高山優希

高校野球大阪大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では大阪桐蔭の青柳昴樹選手が横浜DeNAから6位で、大塚高校の村林一輝選手が東北楽天に7位で、大阪偕星の姫野優也選手が北海道日本ハムから8位で指名され、下位指名ながら3人のプロ野球選手が誕生した。今年はドラフト1位候補や上位候補がおり、ドラフト注目度はA。

地区

昨年夏は大阪桐蔭と履正社が初戦で激突するという波乱があり話題となった、甲子園に出場したのは大阪偕星で、甲子園では2回戦の九州国際大付と9-10の壮絶な打ち合いの末に敗れた。

秋は大商大堺が優勝、大阪桐蔭も準優勝すると、近畿大会では大阪桐蔭が優勝し明治神宮大会でもベスト4と実力の高さを見せた。センバツでは土佐高校に勝利したものの木更津総合に敗れ2回戦で敗退した。

はるは履正社が優勝、大阪桐蔭が準優勝と2強が勝ち上がった。履正社は近畿大会でも他を寄せ付けない闘いぶりで優勝をしている。

注目選手

履正社の寺嶋成輝投手はこの世代の高校生NO.1左腕と言われ続け、順調に成長をしている。183cm85kgの身体があり、低めにも140キロ中盤の速球を安定して投げられる。変化球もコントロールでき、昨年の小笠原慎之介投手よりも完成度は上と評価してよい。大阪桐蔭に阻まれ全国の舞台で登板できていない。最後の夏に狙う。履正社では180cmの左腕・山口裕次郎投手もこの春に143キロを記録し好投をした。さらに2年生の安田尚憲選手は187cmの左のスラッガーで既に30本塁打を記録し、来年のドラフトでは清宮幸太郎と比較される選手の中に入ってきそうだ。

大阪桐蔭の高山優希投手も左腕では今年の高校生でトップクラス、昨年秋の明治神宮大会の投球をもう一度見せることができれば、ドラフト上位という評価で固まりそうだ。また永広知紀選手、古寺宏輝選手、吉沢一翔選手などバットを振れる選手が多い。また1年生では投打に注目される根尾昴投手や187cm左腕の横川凱投手、2年生でも徳山壮磨投手や香川麗爾投手など選手層は全国屈指の厚さを誇る。

大体大浪商の西田光汰投手も147キロをを記録する。無駄な力が入っていないフォームから回転の良い球を投げ、ストレートで三振を奪える。コントロールが課題だがこちらもプロスカウトが注目している。

その他の注目選手

大商大堺の神田大雅投手は189cmの大型右腕で角度のある130キロ後半の速球を投げ下ろす。関西創価の中田聖太郎投手は146キロの速球を投げ、打撃でも長打力もあり50m6秒の俊足もある。投手としての実績はまだまだだが将来が非常に楽しみ。

大商大高の前川亮太投手も184cmから143キロの速球を投げる。汎愛の志水風太投手はこの春に好投を見せた。130キロ中盤のキレの良い球を投げる。

大阪偕星の岸頼大選手は176cm90kgのパワーヒッター、太成学院大高の吉川恭司選手も182cm90kgの右のスラッガー、そのスイングに注目。

2016年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト


PAGE TOP