高校野球・福岡大会(2016):ドラフト注目度A

三浦銀二, 中山竜秀, 吉村有人, 土田天洋, 岩田将貴, 岩田諒大, 梅野雄吾, 浜地真澄, 渡邉大海, 益田武尚, 藤本海斗, 谷口碧, 青山凌太朗, 高崎泰也

高校野球福岡大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では九州国際大付の山本武白志選手が横浜DeNAに育成ドラフト2位で、飯塚高校の渡辺健史投手が福岡ソフトバンクに育成ドラフト5位で指名された。一昨年は小野郁投手、清水優心選手など多くの選手がプロ野球選手になっている。

地区

昨年の甲子園は九州国際大付が出場し、大阪偕星との10-9の打ち合いなどで勝利し準々決勝まで進出した。早稲田実に8-1で力つきたものの大会で注目されたチームの一つだった。

秋は九州産業が優勝し小倉が準優勝、しかし九州大会で九州産業はベスト8どまりでセンバツ出場はならなかった。

春は西日本短大付が優勝し福岡大大濠が準優勝、その両チームは九州大会でも決勝まで勝ち進み、今度は福岡大大濠が優勝をしている。

注目選手

福岡大大濠の浜地真澄投手は183cmから146キロの速球を投げる。フォームのバランスも良く注目されるが、これぞ浜地という圧巻の投球を最後の夏に見せつけてほしい。そのインパクト次第でドラフト上位に名前が入ってくるかもしれない。2年生の三浦銀二投手も小柄だが142キロの勢いのある球を投げる。

九産大九産の梅野雄吾投手は173cmと小柄だが149キロの速球を投げる。カットボール、スライダー、カーブなども投げレベルの高い投球を見せる。しかし強豪校の主軸には攻略されてしまったりと、もう一つ上のレベルを目指してほしい投手。

西日本短大付の谷口碧投手も179cm80kgから144キロの速球を投げる。スライダーのキレも良く県屈指の投手。2年生の橋本真生投手はがっちりした体格から140キロの球を投げ、パワーあふれるスイングを見せる。また2年生の渡邉大海選手は高校通算15本塁打を打つが、打球の凄さは見た人に強烈な印象をあたえる。

嘉穂高校の益田武尚投手は球速は145キロにまし、練習試合で二ケタ奪三振を記録、プロのスカウトが何度も足を運ぶ投手になっている。

その他の選手

自由ヶ丘の岩田諒大投手は2年時に140キロを記録して注目され現在は145キロも記録する。しかし不調なのか故障なのか登板は少ない。九産大九州はエースの岩田将貴投手が変則フォームから切れの良い球を投げ、打者を困惑させる。

九州国際大付の藤本海斗投手も185cmから140キロを記録、福岡工大城東の青山凌太朗投手も188cmから140キロを記録する。九州国際大付では強肩外野手として注目される中山竜秀選手など選手層が厚い。

小倉の土田天洋選手は通算30本塁打を打つ右のスラッガー、青豊の高崎泰也選手は188cm83kgの選手で投げては140キロ、打っても痛烈な打球を放つようだ。光陵の吉村有人選手も鋭いスイングを持つ選手。

2016年度以降-高校生-福岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP