高校野球・京都大会(2016):ドラフト注目度B

上野晃徳, 和田隆世, 岡田悠希, 市岡奏馬, 森下リズム, 橋本和樹, 清水陸哉, 石原彪, 築山雄介, 緒方理貢, 西原大智, 鹽見和輝

高校野球京都大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では龍谷大平安の高橋奎二投手や東京ヤクルトに3位指名された。高橋投手は2年生の春にセンバツで優勝投手となっていた。毎年のようにプロ注目選手が出てくる京都大会、今年も注目度は高い。

地区

昨年は鳥羽高校が甲子園に出場し、岡山学芸館、津商に勝利して3回戦に進出、興南に敗れたものの高校野球100年に花を添えた。

秋は龍谷大平安が優勝、福知山成美が準優勝、龍谷大平安はベスト4まで勝ち進みセンバツ出場を勝ち取ると、センバツでも初戦で明徳義塾を下すと、八戸学院光星、明石商を倒して準決勝に進出、準決勝では優勝した智弁学園と1-2の接戦の末敗れた。

春は京都翔英が優勝、準優勝は塔南、近畿大会では京都翔英は初戦で智弁和歌山に敗れている。

注目選手

京都外大西の緒方理貢選手は50m5.8秒の俊足にプロ3球団が注目し、春季大会では公式戦初のホームランも放った。遊撃手の守備も素晴らしく素質の高い選手としてドラフトで指名があるかもしれない。

京都翔英の石原彪選手はセカンドまでの送球が2秒を切る強肩捕手で、高校通算30本以上を記録している長打力もあり、高校生捕手の中では上位クラスの評価を受けている。

外野手では福知山成美の森下リズム選手の評価が高い。50m5.9秒の足がありチャンスに強い打撃と足を生かした広い守備範囲の外野手で、まさに3拍子揃った選手。また西浦拓哉選手も50m5秒台の足がある選手とのこと。

投手では龍谷大平安の市岡奏馬投手はセンバツでも好投を見せた左腕で、非常に筋の良い投手だと思う。直接プロというよりは大学や社会人を経由してとなりそうだが、変化球やストレートのキレが一段増せばプロでも活躍できる左腕投手になりそう。まだ打撃でも甲子園でホームランを放った橋本和樹選手や、2年生の岡田悠希選手の評価は高く注目されている。

塔南高校の築山雄介投手は捕手や内野手でプレーしてきたが投手に転向すると142キロを記録しプロのスカウトの視線を集めた。投手としての経験がまだ少なく、コントロールなど粗さもあるが素材としては非常に楽しみ。また188cmの西原大智投手も140キロの速球を投げ、投げ下ろされて沈むフォークボールは三振を奪える。

その他の選手

乙訓高校の上野晃徳投手は184cmの本格派右腕、1年時から注目され2年夏には2球団のプロのスカウトが視察をしている。この春は故障のため投げられなかったが夏は注目を集めそうだ。

京都国際の清水陸哉選手は、この春は特大弾を放ち、また投げても143キロを記録する185cmの外野手として注目された。

立命館宇治の田中覺投手は182cmからキレの良い137キロの速球を投げる。西城陽の中石雄大投手も141キロのキレの良い球を投げる。

京都八幡の和田隆世選手は長打力のある1番バッターで足もある。京都廣学館の鹽見和輝投手は139キロのキレの良い球を投げ隠し玉候補。チームでは赤坂輝選手も通算15本塁打を記録する。

2016年度以降-高校生-京都府のドラフト候補リスト


PAGE TOP