高校野球・愛知大会(2016):ドラフト注目度A

二宮依沙貴, 井嶋崚多, 初祖晋太郎, 川崎ライアン, 松山仁彦, 松本武留, 浅野亨太, 田上航太郎, 立野和明, 葛山大介, 藤嶋健人, 近久輝, 釜口航輔, 長谷部銀次, 高橋優斗, 鳥居大暉

高校野球愛知大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では豊橋中央の谷川原健太選手が福岡ソフトバンクに3位で指名された。愛工大名電の浜田達郎投手や東邦の関根大気選手など毎年のようにプロ野球選手が輩出されている。そして今年も有力な選手がいる。

地区

昨年は中京大中京が甲子園に出場し、上野翔太郎投手が好投して甲子園のヒーローの一人となった。上野投手はU18でもエース格として活躍し、駒澤大に進んでいる。

秋は東邦高校が優勝し、東海大会も制して明治神宮大会でも初戦に勝利した。センバツでも藤嶋健人投手が関東第一を完封し1回戦で勝利したが2回戦で明石商に完封負けで敗れた。

春は享栄が東邦を破ると、愛産大三河にも勝利して優勝した。しかし東海大会では享栄も愛産大三河も初戦で敗れた。

注目選手

東邦の藤嶋健人選手は、今年の高校生選手の中でトップクラスの評価を受ける。投げては146キロを記録する直球と、センバツで見せたややおとなしくなったものの精度を上げたピッチングが評価され、打撃では昨年の明治神宮大会の2発の特大弾など通算40本以上のホームランを放つスラッガーとして評価される。センバツや春にあまり話題になっていないのが気になるが、実力はすでに証明済み。またチームでは147キロを記録する近久輝選手、投打に注目される松山仁彦選手も見逃せない。

他にも好投手がそろう愛知県だが、その中でプロのスカウトの評価が高いのは大府高校の浅野亨太投手、最速は144キロで140キロ前後の球とスライダーのキレが素晴らしく、空振りを奪える投手。

千種高校の葛山大介投手も181cmの右腕で、最速141キロながらプロ2球団のスカウトが視察に来ている。50m6.1秒の俊足など身体能力抜群の選手。中部第一の立野和明投手も181cmの右腕で142キロの速球を投げ、筋の良いピッチングにプロのスカウトが注目している。

その他の注目選手

中京大中京は183cmの左腕・長谷部銀次投手と182cmの右腕・初祖晋太郎投手がともに140キロ前後を投げ、2年生でも183cmの香村篤史投手、左の磯村峻平がおり他のチームであればエースとして投げていそうな投手がそろう。

愛工大名電は高橋優斗選手が通算40本のホームランに、50m6.2秒の足や遠投100mの肩、内野の守備もよく注目される。投手では左腕の藤村哲之投手が182cmから140キロ、184cmの横山瑞樹投手も142キロを記録する。

豊川高校には145キロを投げる井嶋崚多投手と、143キロを投げる伊藤憲和投手、他にも森博人投手も140キロを投げるハイレベルな投手陣がいる。

享栄は184cmの二宮依沙貴投手が140キロを記録し成長、長打力のある中川涼成選手も注目を集める。

西尾東の川崎ライアン選手は181cmの右腕で141キロを記録するが、遠投115mの強肩に50m5.9秒の足がある。ノーアウト満塁のピンチで登板し、ストレート一本で3者三振に斬るなどスターになる素質十分。

岡崎西の釜口航輔投手は4番で外野手だったが、昨年秋から本格的に投手に転向し最速147キロを記録した。豊橋中央の田上航太郎投手は187cmの左腕で140キロをの速球を投げるものの、実績はまだほとんどない。

昭和高校の鳥居大暉投手も178cmから140キロ台の速球を投げる。愛知高校の杉山幸太郎選手は通算35本塁打に外野手からの強肩を見せる。

尾西高校の2年生・松本武留投手は184cm82kgの右腕で、投げては142キロを記録し、ホームランも量産をしているという。

2016年度以降-高校生-愛知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP