高校野球・静岡大会(2016):ドラフト注目度A

中川真杉, 井岡直樹, 伊藤翼咲, 佐藤蓮, 加藤脩平, 叺田本気, 土屋大樹, 小林規久, 山野翔太郎, 平林萌, 杉村将, 村木文哉, 栗原健, 森口佳大, 横尾蓮太, 谷脇亮介, 鈴木大夢, 鈴木将平, 鈴木楓, 鈴木雄大

高校野球静岡大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では150キロを記録した日大三島の小澤怜史投手が福岡ソフトバンクに2位指名、静岡高の堀内謙伍選手が東北楽天から4位指名され、安本竜二選手(法政大)、内山竣選手(明治大)などがプロ注目された。野球熱が非常に高く、今年も非常に多くの選手が注目されている。ピックアップされる選手の多さは全国トップクラス。

地区

昨年夏は静岡高校が甲子園に出場も、甲子園では初戦で東海大甲府と激戦、7-8で敗れ初戦で姿を消した。秋は掛川西が静岡に勝利するとそのまま優勝、準優勝は日大三島。しかし東海大会では3位で出場した藤枝明誠の3校とも初戦で敗退しセンバツ出場はならなかった。

春は常葉橘が優勝、日大三島が準優勝、常葉橘は東海大会でも優勝をしている。静岡高校も含め激戦が予想される。

注目選手

静岡高校では昨年も2年生ながらトップバッターを任され、抜群の俊足と突破力を見せる鈴木将平選手にプロスカウトの注目が集まる。50m5.8秒の足があり甲子園3度出場の経験も評価を高めている。また今年は公式戦の登板がないものの、1年時から注目されてきた146キロ右腕・村木文哉投手も目が離せない。184cmの長身右腕で80kgまで体も太くなっている。

静清高の横尾蓮太投手は181cm88kgの体から最速148キロの速球を投げる、全国でも屈指の速球派。上体の力で投げる所は気になるが、下半身も使えるようになって来たら楽しみ。

磐田東の加藤脩平投手は投げては142キロを記録し、打っても25本塁打を放つ。プロのスカウト8球団が視察に訪れるなど非常に注目されている。また森口佳大投手も187cm80kgから143キロを記録するほか、180cm81kgの打者・定盛友紀選手も素質が高い。

その他の選手

常葉橘の谷脇亮介投手は180cmから144キロの速球を投げる。昨年秋は延長13回で22奪三振を記録、この春は投球に安定感を増している。常葉橘では2年生の鈴木楓投手も素質の高い投手として注目される他、180cmながら50m6秒で走る山野翔太郎選手や主将の大嶋翼選手も素質ある選手。

日大三島は小澤兄弟が務めたエースの座を引き継いだのは中川真杉投手。腕の振りが良くこの春に143キロを記録している。また次のエース候補、2年生の海野陽日投手も141キロを記録した。この二人を引っ張るのがセカンドまで1.9秒の送球をする強肩の土屋大樹捕手で、183cmの大型捕手。

菊川南陵はセカンドまで2秒を切る強肩で強打の叺田本気捕手がプロのスカウトにマークされている。杉浦一平投手は182cm81kgから142キロを投げ、1年生でもグッドイヤー旭飛ウエスリー投手など素質の高い選手がそろう。

常葉菊川の栗原健選手は小柄ながら抜群のパンチ力で現在高校通算45本塁打とホームランを量産し、プロのスカウトも注目している。東海大静岡翔洋の鈴木雄大捕手は小柄だがセカンドまで1.88秒の強肩と50m6.25秒の俊足があり、鋭いスイングを見せる屈指の捕手で、エースの石倉康平投手とともに注目。

掛川西の川合隼人投手は安定したフォームから140キロの球を投げる。左腕の落合竜杜投手は伸びのある球を投げる。浜松開城館の飯田拓也投手は左腕から140キロを記録、聖隷クリストファーの櫻井敦規投手もきれの良い球を投げる。清水西の大村将太投手も130キロ後半の快速球を投げ、加藤学園の井岡直樹投手は183cmから143キロの速球を投げ春の地区予選でノーヒットノーランを達成している。掛川東の杉村将投手は中学時代から注目されていた選手で141キロの速球を投げる。

飛龍高校の生沼涼選手は182cmの左打者で、鋭いふりをする強打者。佐藤蓮投手は188cm92kgの体から140キロの速球を投げ込む。知徳の平林萌投手は184cmの左腕で138キロを記録し、打っても20本塁打、藤枝明誠の伊藤翼咲投手も188cmからの142キロの速球に通算32本の長打力が光る。藤枝明誠では捕手の小林規久選手もセカンドまで1.9秒台の肩と50m6.2秒台の足が光る。磐田南の鈴木大夢選手も180cmの投手で138キロの速球を投げうっても20本塁打。

2016年度以降-高校生-静岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP