高校野球・広島大会(2016):ドラフト注目度B

中村奨成, 今西拓弥, 厳原剣, 堀瑞輝, 大脊戸汰一, 山田龍哉, 平元銀次郎, 松本龍憲, 河合球伍, 田中雄大, 白濱楓稀, 石田大輔, 長島虹太

高校野球広島大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接プロ入りする選手はいなかったものの、プロ野球界では広島商出身の柳田悠岐選手、広陵高校出身の有原航平投手、広島工出身の石田健大投手、新庄出身の田口麗斗投手がプロ野球で活躍し、広陵出身の上原健太投手が北海道日本ハムから1位指名されている。また今年も瀬戸内出身の東京ガス山岡泰輔投手が注目されている。

地区

昨年夏は広島新庄が甲子園に出場し、1回戦で霞ヶ浦を破り2回戦に進出、2回戦では早稲田実と接戦を演じ6-7で惜しくも敗れた。昨年秋は広島国際学院が優勝、如水館が準優勝、しかし中国大会では如水館がベスト4に進出したもののセンバツ出場はならなかった。

春は崇徳が優勝し如水館が準優勝、崇徳は中国大会で優勝をしている。新旧入り乱れての大激戦が予想される。

注目選手

広島新庄の堀瑞輝投手はサイドからの球速を145キロまで伸ばしてきた。全国クラスの力はあるのだが、もう一つ突き抜けてほしい投手。

その他の選手

崇徳高校の河合球伍投手は193cmから141キロの速球と大きく曲がるフォークボールを投げ、中国大会決勝では3安打9奪三振完封勝利を挙げた。広島商の水澤天投手は142キロの速球を投げる178cmの左腕で、西条農業の石田大輔投手も181cmから140キロの速球を投げる。力投げだが今後の成長に期待。

尾道の田中雄大投手は181cmの右腕で140キロの速球とカーブをうまく使う。県立東高の厳原剣選手は182cm90kgの体がありながら50m6.2秒の足があり、投げても138キロを記録する。

尾道商の2年生・長島虹太投手はサイドスローから130キロ後半の速球を投げる素質を感じさせる投手。エースの高原健大朗投手も安定感があり、50m5秒台で走る松本龍憲選手や2年生で俊足強肩の新中楓基選手、185cmの左腕で142キロを投げる白濱楓稀投手も面白い。

広島国際学院は大脊戸汰一選手が小柄ながらミート力とパワーがあり、15本塁打を記録しながらも打率5割以上を残す。また2年生の山田龍哉選手は抜群の長打力ですでにプロのスカウトがマークするスラッガー。森山滉介投手もきれの良い138キロの速球を投げる。

広陵高校は2年生の中村奨成捕手が、182cmの大型捕手でセカンドまで1.95秒のスローイングを見せ、すでに県NO.1捕手の呼び声高い。他にも力のある打撃を見せる福田良太選手、197cm左腕の今西拓弥選手、180cmの2年生左腕・平元銀次郎投手など、相変わらず素質の高い選手がそろっている。

2016年度以降-高校生-広島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP