高校野球・愛媛大会(2016):ドラフト注目度B

アドゥワ誠, 三上幹太, 丹翔也, 加藤大輔, 大本将吾, 小山一樹, 山岡昂平, 渡邉潤, 眞田康弘, 糸川亮太, 馬越康輔

高校野球愛媛大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名された選手はいなかったが、一昨年は済美の安楽智大投手が東北楽天にドラフト1位指名されている。そして今年も12球団が注目する選手がいる。

地区

昨夏の甲子園には今治西が出場をしたが、初戦で早稲田実と対戦し0-6で完封負けを喫した。秋も今治西が優勝し準優勝は新田、3位となった済美と3チームが出場した四国大会だったが、ベスト4まで勝ち進んだ済美だったが出場を逃してしまった。

春は川之江が優勝、松山聖陵が準優勝、川之江は四国大会でも小豆島や明徳義塾といったセンバツ出場組を下して決勝に進出した。大会の度に優勝、準優勝チームが入れ替わり、この春は試合巧者の今治西が地区予選で敗退するなど波乱もあった。激戦模様が続く。

注目選手

松山聖陵のアドゥワ誠投手は公式戦では145キロを、また練習試合では151キロも記録したと言われており、春の四国大会では12球団のスカウトが視察した。196cm86kgの体で長い手足から投げられる速球は、全国でもトップクラスの右腕として注目される。

その他の選手

小松高校の馬越康輔投手は165cmと小柄だが141キロの速球を投げる。川之江の糸川亮太投手も170cmと小柄だが、昨年12月に選抜チームで台湾遠征をした際に、台湾の優勝高を5安打完封した。138キロのキレの良い球を投げる。

新居浜西の加藤大輔投手は184cmの長身右腕で、昨年秋に137キロを記録している。北条高校の渡邉潤投手は最速139キロを記録する180cmの左腕投手。

東温の丹翔也投手は181cm80gkの右腕で投げては138キロを記録し、打っても通算20本塁打を越えている。帝京大五の大本将吾選手は184cm82kgの体があり、高校通算20本を超す長打力が光る左のスラッガー。済美の小山一樹捕手は178cm77kgでこの半年で17本塁打を記録している。

伯方の山岡昂平選手は178cmながら県屈指の飛距離を誇り、通算30本に迫るホームランを放っている。

新田の眞田康弘選手は172cmの外野手で走攻守では県下NO.1と評価される。内野手でも三上幹太選手は県NO.1の守備力と評価される。今治西の杉野彰彦選手は50m6.1秒の足があり、1年生秋の大会で大活躍を見せた選手。

2年生では北条高の西本祥大選手が186cm97kgのスケールの大きな内野手と評価される。

2016年度以降-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト


PAGE TOP