高校野球・徳島大会(2016):ドラフト注目度C

中山晶量, 任介澪志, 大東右頌, 森井絃斗, 武岡大聖, 河野竜生, 石本光紀, 近藤萬来, 野口智哉, 鎌田航平

高校野球徳島大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名される選手はいなかったが、鳴門渦潮から美間優槻投手や多田大輔選手などがプロ野球選手となっている。大学などで成長する選手も多く注目される。

地区

昨年夏は鳴門が出場したが、初戦で九州国際大付に2-8で敗れた。秋も鳴門高校が優勝し城南が準優勝、四国大会では3位の池田高校も含めて初戦敗退しセンバツ出場はならなかった。

春も鳴門が優勝し富岡西が準優勝。四国大会ではともに1点差ながら初戦敗退している。

県王者に鳴門が君臨するが、その王者を脅かし、全国でも勝ち上がっていけるように全体でレベルアップできるような争いを期待したい。

注目選手

鳴門高校は173cmの左腕・河野竜生投手がこの春に最速145キロまで球速を伸ばし成長を見せている。一昨年、昨年と夏の甲子園で先発しているが、序盤で失点を重ね降板している。今年は3度目の正直にむけてパワーアップしている。また1年時に甲子園で登板し好投した中山晶量投手は昨年夏に146キロを記録しているが、肘を痛めてまる1年間登板がない。

板野高校の2年生・森井絃斗投手は182cm83kgの右腕で、現在は球速を147キロまで伸ばしているという。来年は注目される一人となりそうだ。

その他の選手

投手陣の層が厚い鳴門では、左のリリーフとして矢竹将弥投手が切れの良い速球を投げ、サイドハンドから130キロ中盤の速球を投げてねじ伏せる尾崎海晴投手がおり分業をしている。また手束海斗選手が173cm80kgの体があり通算32本塁打を記録する長打力がある。鎌田航平選手は180cmの大型セカンドだが50m6.1秒の足があるリードオフマン。

鳴門渦潮の近藤萬来投手は最速143キロの速球を投げ素質が高い。打者でも2年生の野口智哉選手は広角に長打を放つシュアな打撃を見せる。海部高校の石本光紀投手もまだ線が細いものの139キロを記録し将来が楽しみ。

生光学園の武岡大聖選手は打席でどしっと構え、狙った球を一閃振りぬく。中学時代からトップクラスで活躍してきた選手で注目される。

新野高校の左腕・任介澪志投手は170cmの左腕だが130キロ後半のキレの良い球を投げる。城南高校の大東右頌投手は140キロの速球を投げ安定感のある投手

2016年度以降-高校生-徳島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP