高校野球・三重大会(2016):ドラフト注目度B

大須賀健祐, 安楽英斗, 宮原大樹, 岡林飛翔, 広翔悟, 後藤魁, 押川魁人, 斉藤隼大, 渡辺啓五, 濱田大輔, 赤木聡介

高校野球三重大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では津田学園の出口匠選手が東北楽天の育成ドラフト1位で、また菰野高校の山田大樹選手が育成2位でそれぞれプロ野球選手となった。県内の強豪チームから多くのプロ野球選手が誕生している。

地区

昨年夏は津商が甲子園に出場し、初戦で智弁和歌山を下す金星を挙げた。2回戦では鳥羽に敗れた。秋は海星が優勝、三重高が準優勝、東海大会でも三重県勢は3位のいなべ総合も含めベスト4に3校が勝ち上がる実力の高さを見せた。その中で海星に勝利して決勝まで勝ち上がったいなべ総合がセンバツ出場を果たした。

センバツでは初戦で準優勝した高松商と対戦、8回までリードで迎えるも9回裏に同点に追いつかれると10回にサヨナラで敗れる大激戦を演じた。

春はいなべ総合が優勝し、津田学園が準優勝、東海大会では両校ともベスト4に勝ち上がった。

注目選手

津田学園の後藤魁投手は182cmの長身左腕で、140キロを超すストレートは伸びてくる。変化球のキレもあり空振りを奪える投手としてプロのスカウトが注目する。また外野手の濱田大輔選手も182cm82kgの右の打者で、50m5.8秒の俊足を見せる。中学時代はボーイズ世界大会で優勝しておりこちらもプロのスカウトが注目している。

また今年は2年生世代に逸材がそろう。宇治山田商の宮原大樹投手は186cmの本格派右腕で、球速は143キロを記録する。来年に向けて注目すべき投手だろう。またいなべ総合でセンバツでも好投を見せた渡辺啓五投手も140キロ中盤を記録してきており、成長が期待される。

その他の選手

津田学園には50m5.8秒の足を持ち170cmと小柄だがパンチ力も光る押川魁人選手や、175cm90kgの体から低い弾道でもスタンドに放り込む広翔悟選手もパワフルな打者として注目される。

三重高の斉藤隼大投手は小6で中日ドラゴンズジュニアとして12球団トーナメントに出場している。178cm右腕で140キロを記録する県屈指の投手。津東の山中雄大選手はミート力があり高いアベレージを残しながら長打を放つ。津商の小河内健吾選手はリードオフマンとして高い能力を見せる。近大高専の安楽英斗選手は185cmの左腕投手としても、また足もある身体能力の高い野手としても注目される。

2年生では他にも菰野高校の岡林飛翔投手が181cmから143キロを投げ、いなべ総合の赤木聡介投手も140キロを記録する左腕投手。こちらも来年が楽しみ。1年生でも海星の大須賀健祐投手は180cmの左腕で将来が期待されている。

2016年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト


PAGE TOP