高校野球・滋賀大会(2016):ドラフト注目度B

京山将弥, 保澤心, 大原昌樹, 山田篤史, 徳留魁人, 浅岡拓真, 田濃良太, 神村月光, 蒲生将大, 阪部雄哉, 馬越大地, 鯰江里輝

高校野球滋賀大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名される選手はいなかったが、近江の小川良憲投手(駒澤大)などが注目された。

地区

昨年は比叡山が甲子園に出場も、1回戦で大阪偕星に敗れた。秋は北大津が優勝、近江兄弟社が準優勝したが、近畿大会では県3位で出場した滋賀学園が準優勝しセンバツ出場を果たす。センバツでは桐生第一、釜石を撃破し準々決勝に進出したが、優勝した智弁学園に0-6で敗れた。

春は光泉が優勝、近江兄弟社が準優勝、近畿大会では光泉は明石商に敗れ初戦敗退した。

注目選手

近江高校の京山将弥投手は143キロの速球が回転の良い球を投げコントロールも良く、まだ体の線が細いものの、将来は好投手になるとプロのスカウトが注目している。

滋賀学園の2年生・神村月光投手は体が大きくないものの、144キロの速球を投げ、センバツで甲子園の舞台に上がっても、堂々としたピッチングを見せた。

その他の選手

光泉の山田篤史投手は194cmの長身左腕、球速はまだまだだが手足が長くリリースの位置がバッターに近い。インコースを鋭く攻めるなどバッターにとっては怖さを感じさせる。

近江兄弟社の阪部雄哉投手は177cm80kgの体があり球速は140キロを記録、また打撃でもパワーを見せる。投打に粗さもあるものの注目の選手の一人。比叡山の大原昌樹投手も140キロを投げるが、セカンドまで1.9秒台の強肩捕手として注目されている。大津商の保澤心投手も142キロの速球を投げ、投げっぷりの良さが光る。キレの良いスライダーで空振りも奪える。

北大津の浅岡拓真選手は1年生春から4番を打っていた選手で、長打力だけでなく足やセカンドの守備も評価される選手。岡大樹選手は遊撃手で同じく3拍子揃っている。

彦根東の鯰江里輝選手はバットを振り切れる選手で、確実性もある選手。50m6.2秒の足と135キロを記録する投球も注目。

滋賀学園の徳留魁人選手は1番バッターとして抜群の打撃センスと足を見せる。投げても137キロを記録する180cmの左腕で能力があふれている選手。ヘリコプター打法の馬越大地選手も思いきりのよいスイングを見せる。

森山高校の蒲生将大投手はダイナミックなフォームから勢いある速球とスライダーを投げる。伊吹高校の田濃良太投手は182cmの右腕で最速142キロを投げ隠れた逸材。東大津の美濃辺佑太投手も180cmで130キロ中盤まで球速を伸ばしている。

2016年度以降-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP