高校野球・香川大会(2016):ドラフト注目度B

安西翼, 山田涼太, 植田理久都, 植田響介, 橋本大輝, 浦大輝, 渡辺悠, 美濃晃成, 藤井拓海, 藤井海太, 西尾直輝, 門内快航

高校野球香川大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは直接名された選手はいなかったが、尽誠学園や英明などからプロ野球選手が排出されている。今年は高松商が高校野球の中心にいる。

地区

昨年夏は寒川高校が甲子園に出場したが、健大高崎に4-10で敗れ初戦で敗退した。秋は小豆島が優勝、準優勝は高松商だったが、ここから高松商の快進撃始まる。明治神宮大会では大阪桐蔭などを下し優勝を納めるとセンバツでも決勝に進出、智弁学園に延長11回1-2で敗れたが、今年の全国トップクラスのチームであることを証明した。また小豆島もセンバツに出場も1-2で初戦で敗退した。

春は大手前高松が優勝、志度が準優勝、四国大会では大手前高松が1勝を挙げている。

注目選手

高松商は美濃晃成選手が非常に何かを持っている選手。大舞台で輝くスター性があり、将来はどこかの球団でプレーしているような雰囲気がある。打っては手が付けらず、投げても140キロを記録する身体能力もある。高松商は浦大輝投手と植田響介捕手のバッテリーは共に非常にセンスが良くパワーもある。まだまだ成長できそうな素地がある。またセンバツで50m5.8秒の足をいかんなく発揮した安西翼選手も注目選手。

その他の選手

大手前高松の門内快航投手は172cmの小柄な選手で球速は139キロを記録する。打者として3番を打ち、広角にヒットを打つ。志度の西尾直輝選手は182cm84kgから強い打球を打てる選手。

尽誠学園は180cm左腕の渡辺悠投手が138キロの速球とカーブ、スライダーを織り交ぜる。控え投手の層も厚く藤井海太投手は178cmで140キロを記録、カーブで三振を奪える投手。

藤井高の山田涼太投手は182cmの右腕投手、回転の良い140キロの速球を投げる。高校3年間で急成長をしておりこれからも成長が期待される。高松北の橋本大輝投手も球速を139キロまで伸ばしこちらも成長を見せている。

2年生では高松商の植田理久都選手が明治神宮大会でもセンバツでもホームランを放ち存在感を示した。まだ粗いもののパワー十分。英明の藤井拓海投手も181cm85kgの本格派、この夏に名前を広めて来年は注目選手になってほしい。

2016年度以降-高校生-香川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP