高校野球・福井大会(2016):ドラフト注目度B

上下雄大, 上中尾真季, 中野竜輔, 別所遥輝, 北村進太郎, 山崎颯一郎, 杉森圭輔, 林中勇輝, 牧丈一郎, 田中嵐士, 石川雅晴

高校野球福井大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では敦賀気比のエースでセンバツ優勝投手となった平沼翔太投手が北海道日本ハムに4位指名を受けた。一昨年の春江工・栗原陵矢選手や、青山学院大からドラフト1位でプロ入りした吉田正尚選手も敦賀気比の出身。

地区

昨年はセンバツ覇者の敦賀気比が春夏連覇をかけて甲子園に出場したが、2回戦の花巻東戦でその夢は潰えた。しかし敦賀気比は秋も優勝をすると明治神宮大会でも力を見せた。また福井工大福井もセンバツ出場を決めた。

センバツでは敦賀気比が初戦の青森山田戦に1-0で勝利したが、2回戦の長崎・海星戦で1-2で敗れた。福井工大福井は開幕カードで優勝をした智弁学園に敗れている。

春は福井工大福井が圧倒的な強さをみせて優勝、敦賀気比は準優勝。北信越大会では敦賀気比が1勝したもののベスト8どまりだった。

注目選手

敦賀気比の山崎颯一郎投手は188cm85kgの右腕で1年時より期待を集めていた投手。最速も145キロまで伸ばし、甲子園での登板も何度も経験し実績も十分。今年のセンバツでは低めに球をそろえ、カットボール、スライダーなど多彩な変化球を織り交ぜて青森山田を9回4安打9奪三振で完封した。

もちろんプロのスカウトの評価も高いのだが、一概に言えるのは「もっと成長を期待している」という声で、将来大きく飛躍しそうなポイントを見つけようといろいろな角度から山崎投手を見るものの、打撃でも甲子園でノーヒットだったりとそのポイントが見えてこない。このままでは大学や社会人で見た方が良いと判断するスカウトも増えてくるかもしれない。最後の夏のピッチングに注目したい。

また林中勇輝選手は遊撃手として大きくアピールという所まではいかないものの、昨年夏に続きセンバツでもホームランを放ち存在感を示した。大型内野手として期待される。また1年生の杉森圭輔選手はすでに4番を打ちマスクを被っている。2年後の注目選手となってきそうだ。

その他の選手

福井工大福井の主軸・北村進太郎選手は身長が163cmだが体重は81kgあり、高校通算35本塁打を放っている。またエースの田中嵐士投手は181cm85kgの体があり141キロを記録する。甲子園の経験でさらに成長をしている。

その他では三国高校の別所遥輝投手は182cmから139キロを記録し、鯖江高校の中野竜輔投手も左腕で130キロ後半を投げるとのこと。敦賀工の上下雄大投手は1年時からエースとして登板し、2年冬に福井選抜で台湾遠征をした際には0-0の引き分けながら9回をノーヒットに抑える投球を見せた。

2年生では敦賀気比の上中尾真季選手が甲子園でも素晴らしい野球センスを見せた。また投手としてもマウンドに上がるようになったとのことで身体能力の高さを見せる。啓新の牧丈一郎投手が注目される。本格派右腕で中学時代から注目され、高校でもすでに142キロを記録しており、来年の福井の中心選手になりそうだ。

また坂井高校の石川雅晴捕手は、セカンドまで1.82秒の強肩を誇り、OBの栗原陵矢選手2世と注目を集めている。

2016年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト


PAGE TOP