高校野球・西東京大会(2016):ドラフト注目度B

高校野球西東京大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では高校から直接指名される選手はいなかったが、東海大菅生の勝俣翔貴選手と早稲田実の清宮幸太郎選手がU18代表の主軸として注目され、また早稲田実の加藤雅樹選手など捕手の候補も注目された。今年は注目される選手はいるのか。

地区

昨年夏は早稲田実が劇的な形で甲子園に出場をすると、甲子園での清宮幸太郎選手や加藤雅樹選手などの主軸とともに投手が踏ん張り甲子園ベスト4まで勝ち上がった。秋は東東京勢に押されてベスト4に残ったチームはおらず、春も東海大菅生がベスト4に残っただけだった。

早稲田実、東海大菅生や日大三など強豪ひしめくものの、抜きんでているチームはない。

注目選手

早稲田実の清宮幸太郎選手は高校通算50発に王手をかけ、順調にホームランを打ち続けている。球界の宝ともいわれる。その早稲田実には1年生の野村大樹選手のスイングも鋭く、1年生で清宮選手の後ろの4番を任されている。こちらも注目したい。

その他の選手

聖徳学園高校の長谷川宙輝投手は173cmの左腕だが最速143キロの速球を投げ、強豪校でも手も足もでないという球を投げるようで注目されている。

東海大菅生の伊藤壮汰投手は最速143キロを記録し、また50m6.2秒台の足に捕手としてもプレーするなどオールラウンドでプレーする。ただしどこかで強くアピールできるような所も必要だろう。2年生の佐藤弘教選手も1番バッターとして打撃に足に積極性が見られる。

日大三の坂倉将吾選手は高校通算20本塁打を放つ捕手で、打てる捕手として注目される。また小谷野楽夕投手も182cmから角度のある球を投げる。球速がもう少し伸びると面白い。聖パウロの菅野岳史選手も東京屈指の捕手として強打が注目される。

早大学院の柴田迅投手はコントロールはまだまだだが、143キロの威力ある球を投げる。武蔵村山の川島圭伍投手も伸びる130キロ後半の速球を投げる。佼成学園の梅田大樹投手は181cmの本格派右腕で139キロを記録する。創価の谷井怜央投手も140キロ台に球速を乗せており注目される。

日大鶴ヶ丘の羽根龍二選手は185cm86kgの内野手、二松学舎大付の大江竜聖投手から2本の2ベースヒットを打つなど力もある。

2016年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP