高校野球・石川大会(2016):ドラフト注目度B

保科広一, 喜多隆介, 寺地良太, 寺西建, 打田雷樹, 横越亮祐, 池下裕貴, 清水力斗, 瀬堂雅守都, 砂山瑞樹, 虎谷貴哉, 谷口勇太朗, 長柄昂

高校野球石川大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名をされた選手はいないものの、遊学館の小孫竜二投手(創価大)、金沢高の竹田和真投手(早稲田大)、星稜の谷川刀麻投手(近畿大)の3投手が140キロ中盤の速球を投げプロに注目されていた。有力なドラフト候補者が登場する注目される県の一つ。

地区

昨夏は小孫投手の遊学館が甲子園に出場すると、初戦で九州学院を破った。続く3回戦では優勝した東海大相模と対戦し2-11と大敗を喫している。秋は野々市明倫が優勝し、小松が準優勝、3位の小松大谷とともにフレッシュな3校が北信越大会に出場したが、ともに初戦敗退し、センバツ出場はならなかった。

春は星稜が優勝、準優勝は金沢商、遊学館と北陸学院がベスト4となり、北信越大会では星稜が優勝をしている。

注目選手

金沢西の砂山瑞樹投手は178cm66kgの右腕投手で140キロのキレの良い速球を投げ、また2種類のスライダーにシュート、カーブ、チェンジアップと質の良い変化球をそろえる。5kg重くなったというがまだ線は細く、これからも成長も期待できる。

その他の選手

星稜は投打で2年生が注目される。主軸の寺西建選手は191cm92kgの左のスラッガーで、大きさでは松井秀喜選手を上回る。2年生で4番を打ち全国を震え上がらすような選手になってほしい。また同じ2年生の清水力斗投手も141キロを投げる本格派右腕投手。3年生でも184cmから138キロを投げる横越亮祐投手や、強肩で俊足の遊撃手・虎谷貴哉選手などがおり注目される。

遊学館には185cm85kgの左腕で137キロを記録し、50m5.9秒の俊足もある保科広一選手がいる。昨年秋は左肩痛で結果を残せず、まだ身体能力と技術や体力がつながっていない感じだが、将来に期待したい選手。また中村康汰選手も打撃センスの高い180cmの左打者。

小松大谷は西川大雅選手と喜多隆介捕手の打撃が良く素質十分、2年生の瀬堂雅守都選手は強肩捕手として期待されている。

日本航空石川は打田雷樹投手は186cmの右腕投手で力のある球を投げ、谷口勇太朗選手などのクリンナップは破壊力がある。

鵬学園の池下裕貴投手は県NO.1左腕と評価されている。175cm65kgの体からキレの良いストレートを投げ込む。津幡の寺地良太投手は135キロで粗削りながら勢いのある球を投げる左腕、金沢桜丘の2年生・長柄昂投手は184cm80kgの右腕で成長に期待したい。

2016年度以降-高校生-石川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP