大学生野手ルーキーの活躍期待

今年のプロ野球は大学生出身の即戦力野手が、どれだけレギュラーをつかめるのかに注目が集まる。

大学生野手

昨年のドラフト会議では3位指名までに7人の大学生野手が指名された。これは大学生投手の10人に次いで多く、ドラフト1位でも阪神高山俊選手、オリックス吉田正尚選手が指名されるなど注目度が高かった。今年のプロ野球はその即戦力として評価された野手がどれくらいポジションを奪う事ができるかに注目したい。

東北楽天はドラフト4位まで野手を指名し、1位のオコエ瑠偉選手、4位の堀内謙伍捕手は高校生だが、2位、3位で吉持亮汰選手、茂木栄五郎選手を獲得した。吉持選手はオコエ選手に匹敵する走力とともに、遊撃手の守備にも定評がある。茂木選手は主にサードでプレーし守備はまずまずというところだが、チャンスに強いバッティングが特徴で、また昨年春のリーグ戦5本塁打など打球の飛距離も注目されている。

東北楽天のショートは松井選手が外野手にコンバートされ、後藤光尊選手と西田哲朗選手が主に守ったものの、打率はともに2割台前半だった。サードはウィーラー選手が守っていたが今年はFAで移籍した今江選手が入ってくる。ショートの吉持選手はチャンスをもらえそうで、サードの茂木選手はややハードルが高い。しかし今江選手は昨年も故障があって約半分はロッテのドラフト1位ルーキーだった中村奨吾選手が守っており、同じ早稲田の茂木選手もチャンスはあるかもしれない。

横浜DeNAのドラフト3位・柴田竜拓選手はショートのスペシャリストで打撃も魅力だが、チームには昨年のルーキーで好プレーを見せた倉本寿彦選手や、白崎選手、山崎選手といった選手もおり競争を勝ち抜く必要がある。ただしサードのバルディリス選手が抜けた事でサードも含めたポジション争いとなりそうでチャンスはもらえそうだ。

オリックスのドラフト1位・吉田正尚選手は外野ではレフトが定位置だが、実績のあるT岡田選手がいる。センターを守れれば、駿太選手などとポジション争いとなりそうだが、センターができるかは試してみないとわからない。しかし打撃が素晴らしいのでDHも含めてT岡田選手と併用となりそうだ。

ドラフト3位・大城滉二選手は大学時代はショートを守り通したが、チームでは安達了一選手が昨年1年間レギュラーを守り通した。しかし打率などではまだポジション確約というところではなく、大城選手の打撃が評価されれば、守備機会も得られそうだ。またセカンドの西野選手、サードの小谷野選手などの状態によっては内野全般でチャンスをもらえるかもしれない。

阪神のドラフト1位・高山俊選手は外野はセンターもライトもできる。阪神の外野手はマートン選手が抜け、センターは江越選手、伊藤隼太選手などが競争状態、ライトの福留選手は昨年1年間活躍を見せたもののベテランで、どのポジションでもチャンスがもらえそうだ。開幕前までにアピールできれば開幕スタメンもあるかもしれない。

ドラフト2位・坂本選手も、藤井捕手が引退し、ベテランの鶴岡選手と若い梅野選手との競争となりそうで、特に梅野選手との違いをアピールできればポジションを奪えるかもしれない。

巨人のドラフト2位・重信慎之介選手は守備範囲も広くセンターもできる。センターでは昨年活躍を見せた立岡選手と、ライトでは長野選手と、レフトでは亀井選手、アンダーソン選手、大田選手との競争となりそうで、自慢の足を見せられれば十分食い込むことは可能だろう。

ドラフト4位以下でも阪神6位の板山祐太郎選手、日本ハム6位の横尾俊建選手、巨人5位の山本泰寛選手、ヤクルト5位の山崎晃大朗選手などがおりチャンスをうかがう。ルーキーの活躍とそれに伴う各チームの活性化に期待したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP