オープン戦ルーキーの活躍

2月20日のオープン戦開幕で出場したルーキーの活躍をまとめる。

巨人vs横浜DeNA

最も目立ったのは、巨人のドラフト2位・重信慎之介選手だろう。重信選手は2番レフトで出場すると、4回にファーストへのゴロを打つとファーストがはじき、セカンドがバックアップをしたものの足が速く内野安打を稼ぐ。するとすかさず盗塁を決めてセカンドに進み、ギャレット選手の2ベースで先制のホームを踏んだ。

また8回にもヒットを放ち盗塁を決めるなど、2安打2盗塁の活躍、守備でもダイビングキャッチを見せるなどはつらつとしたプレーを見せた。ただし重信選手の課題は打撃にあり、まだ練習試合やオープン戦序盤という事で、これですぐに開幕1軍で活躍という安心感は禁物。昨年も中日の社会人出身ルーキーがオープン戦序盤で活躍を見せたが、開幕まで生き残ることはできなかった。足は十分戦力となるが、課題の打撃でさらに力強さを増してほしいし、俊足を生かしてセンターのポジションを取らなければ、レフトでは外国人選手にポジションを奪われるかもしれない。

対戦した横浜DeNAは報道などでは目立っていないが、ドラフト4位の戸柱恭孝選手が3回に2ベースヒットを放ち、リードでもキャッチングでもなかなかのものを見せた。ただし重信選手には送球すらできないなど、肩の方で今後アピールできるかがカギとなりそうだ。

 

中日vs千葉ロッテ

中日はドラフト3位の木下拓哉捕手がスタメンマスクを被ったが、打撃では2打数ノーヒット、リードでも昨年10勝の若松駿太投手を引っ張ることができずに2回で6失点に3本のホームランを許した。その後の投手はまずまずだったので若松投手の状態が悪かったという事もあるが、まだやらなければならないことはたくさんありそうだ。

千葉ロッテはドラフト1位の平沢大河選手が5回に代走から出場し、守備では無難にこなしたものの打撃では2打席に立って三振とファーストエラーでノーヒットに終わった。「1軍は投手のスピード、打球のスピード、足の速さ、全然レベルが違う」と話しプロの壁を感じているようだ。

またドラフト2位の関谷亮太投手が5回から登板すると、5回は先頭打者に四球を与えたが後続を抑えたものの6回は1アウトから内野安打を許し、堂上選手に2ランホームランを浴びた。2回2安打2失点という内容だった。関谷投手も課題は社会人2年目になってからコントロールを乱して短いイニングで2失点を重ねるシーンが目立つ。細かい課題もあるが、まずは短いイニングを無失点に抑える事を繰り返し、自信をつけていってほしい。

 

東京ヤクルトvs広島

東京ヤクルトはドラフト5位の山崎晃大朗選手が9番ライトで先発出場し、第1打席でライト前ヒットを放つとすかさず盗塁を決め、重信選手同様にアピールを見せた。注目度では重信選手に及ばないが、これから徐々に話題になってくる選手ではないかと思う。

広島はまずドラフト2位の横山弘樹投手が4回から登板すると、山田哲人選手、バレンティン選手から連続三振を奪った。山田選手への145キロの外角低めの球は素晴らしかった。しかし2回で3安打を許し球威も社会人1年目の良いときにはまだ戻っていない。良い球の割合がもっと増やしてゆきたい。

またドラフト5位の西川龍馬選手が途中からセカンド、ショートを守り、打撃では送りバントを決めるなど着実に経験を重ねた。菊池選手や田中選手などライバルとのポジション争いは厳しいが、長いシーズンで機会は訪れるだろう。その時に備えて力をつけてほしい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

 


PAGE TOP