オープン戦・ルーキーの活躍(2月21日)

2月21日のオープン戦4試合に出場したルーキー選手の活躍をまとめる。

北海道日本ハムvs千葉ロッテ

北海道日本ハムは1軍に昇格した横尾俊建選手が代走から出場しサードに入った。守備では一つゴロをさばき、打席では2打数ノーヒット、サードゴロとセンターフライだった。

また千葉ロッテ平沢大河選手が昨日に続き途中から登場し、昨年の新人王・有原航平投手と2打席対戦したがノーヒット、三振とセンターフライだった。「変化球も使ってもらって球を見られた。いい経験をさせてもらった」と話した。

平沢選手は23日からの宮崎遠征にも同行し、5試合の練習試合にも起用される見通し。

中日vs東北楽天

中日はルーキー選手は出場せず。

東北楽天はドラフト2位の吉持亮汰選手が2番ショートでスタメン出場すると、2回にはエラーを記録してしまった。しかし打席では第1打席、第2打席と四死球で出塁し、4回にはショートへの内野安打で出塁、選球眼の良さや足の速さを見せた。盗塁は見せられなかった。

ドラフト1位のオコエ瑠偉選手も8番センターでスタメン出場し、第2打席でレフトへの犠牲フライを放ち打点を記録した。途中で交代しこの日は2打席のみ、1打数ノーヒットという結果だった。

ドラフト5位の石橋良太投手は7回から3番手で登板したが、2回をなげて3安打2失点、先頭打者を打ち取ったもののサードのエラーで出塁を許すと3本のヒットで2点を失った。8回は三者凡退で抑え、ピンチの時の投球が課題か。ドラフト6位の足立祐一選手は途中からマスクを被り2打数でノーヒットだった。

阪神vs東京ヤクルト

阪神はルーキー選手は出場せず。

東京ヤクルトはドラフト1位の原樹理投手が先発し、2回を3安打2奪三振で無失点という結果だった。初回に大和選手と今成選手にヒットを許して1アウト1,3塁のピンチとなったが、陽川尚将選手、ペレス選手を連続三振、得意のシュートで見逃し三振を奪った。

2回は梅野選手にシュートをインコースに食い込ませてサードゴロに打ち取った。インコースにきっちりコントロールできる原投手のピッチングに高津コーチも高い評価を与えている。

ドラフト5位の山崎晃大朗選手は9番レフトで出場も4打数ノーヒットだった。

広島vs巨人

広島はドラフト1位の岡田明丈投手が4回から2番手で登板すると、2回をノーヒット1奪三振で無失点のパーフェクトなピッチングを見せた。変化球はやや高めにいったものの、ストレートは常時145キロ前後を記録、低めに伸びのある速球はドラフト1位の球で、大学時時代よりも重みがあるようにもみえた。

また6回からはドラフト6位の仲尾次オスカル投手が登板し、こちらも2回を2安打無失点に抑えた。左打者の外側に大きく逃げていく変化球など多彩な球を投げ、インコース低めにも投げられており、リリーフとして活躍が期待できる。

ドラフト5位の西川龍馬選手も途中から出場しショートを守った。打席は9回の1打席だけだったが、追い込まれてからファールでカットし、甘めの球を反対方向に運びレフト前ヒットを記録した。石井琢朗選手のようなバットコントロールを見せ、期待できそうだ。

巨人は期待のドラフト2位・重信慎之介選手が1番センターでスタメン出場し、先頭打者でレフト前にヒットを記録し、絶好調を維持した。この日は2打席で交代し盗塁もなかったが、活躍は続く。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP