横浜DeNA、ルーキー5人の1軍キャンプスタート決定

今永昇太, 戸柱恭孝, 柴田竜拓, 熊原健人, 野川拓斗

横浜DeNAはキャンプの1軍2軍の割り振りを決定し、ルーキー5選手の1軍キャンプスタートが決定した。

大学社会人出身選手全員

1軍キャンプスタートとなったルーキーは、ドラフト1位の今永昇太投手、2位の熊原健人投手、3位の柴田竜拓選手、4位の戸柱恭孝選手、7位の野川拓斗投手の5選手。今永投手と熊原投手は先発左、右の先発として期待されており、野川投手は左のリリーフとして期待されている。

柴田選手は大学NO.1と呼ばれた守備でショートのポジションを争うが、ショートの候補では、昨年にルーキーで活躍を見せた倉本寿彦選手や2011年ドラフト7位で昨年ショートも守った飛雄馬選手などが1軍スタートで、山崎憲晴選手や白崎浩之選手は2軍スタートとなった。

戸柱選手は捕手のポジションを黒羽根選手、高城俊人選手、嶺井博希選手と争う。一昨年は正捕手として多くの試合でマスクを被った強肩の黒羽根選手、昨年74試合に出場し5本塁打を放った嶺井博希選手、強肩とリードで評価されている高城俊人選手だが、捕逸や暴投などで投球を後ろにそらす事も多くそれぞれに課題がある。戸柱選手は安定したリードが特徴だが、まずは球を後ろにそらさない事で安定感をアピールしたい。

ドラフト5位の綾部翔投手と6位の青柳昴樹選手は2軍からのスタートとなった。また、ウインターリーグで注目された2014年のドラフト7位・飯塚悟史投手も2軍からのスタートとなった。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

DeNAの春季キャンプの1、2軍振り分けが発表され、新人はドラフト1位・今永(駒大)、同2位・熊原(仙台大)、同3位・柴田(国学院大)、同4位・戸柱(NTT西日本)、同7位・野川(鷺宮製作所)が1軍に入った。


PAGE TOP