オリックス・吉田正尚選手が開幕6試合連続安打

吉田正尚

オリックスのドラフト1位ルーキー・吉田正尚選手選手が6試合連続ヒットを記録、プロ野球新人記録に並んだ。

1番打者

吉田正尚選手はこの日、初回の先頭打者として千葉ロッテ・涌井投手のカットボールをレフト前に運び、ルーキーの開幕連続安打を6として、ドラフト制導入後のルーキー記録、1981年・原辰徳選手、2001年・佐藤友亮選手に並んだ。

吉田正尚選手は青山学院大出身で、チームでも侍ジャパンでも4番打者として活躍、小柄だが常にフルスイングをするスタイルのスラッガーとしてドラフト1位候補として注目されていた。ドラフト会議ではオリックスがドラフト前から1位指名を公表し単独で獲得、キャンプではケガもあり2軍で多くを過ごしたが、開幕直前に1軍に昇格して結果を出し、開幕から1番を任されている。

今は1番バッターとして多くを経験している。また連続試合ヒットも続いているものの、ヒット狙いの軽打は見せていない。しかし本来はやはり4番として、ライトスタンドの2階席にホームランを放り込むようなタイプの選手なので、記録が続くのは素晴らしいが、やはりクリンナップに移してホームランを量産してほしいと個人的には思う。

小さなバッティングにだけは、ならないでほしい。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

記録は意外にあっさり達成された。一回先頭、涌井の136キロカットボールを詰まりながら左前へ運んだ。新人の開幕から6試合連続安打は、1966年のドラフト制導入後では1981年の原辰徳(巨人)と、2001年の佐藤友亮(西武)に並ぶプロ野球記録だ。


PAGE TOP