オリックスのルーキーで戦力外通告された角屋龍太投手が育成契約

角屋龍太

昨年のドラフト8位でオリックスに指名され、今年オフに戦力外通告をされていた角屋龍太投手が、オリックスと育成契約を結んだ。

1年で戦力外

角屋投手はジェイプロジェクトで148キロの速球を投げていた。居酒屋の厨房で働きながらプロ野球を目指し、2015年ドラフト8位で指名され、契約金2000万円、年俸700万円の条件で入団した。そして4月5日にはリリーフとして登板し2回無失点と順調に来ているように見えた。

しかし4月9日のソフトバンク戦では3失点し1アウトしか奪えずに降板し、その後、2軍に降格した。ファームでは夏に右足首を亜脱臼し、その影響もあって結果を残せず、1年目ながら戦力外の通告を受けた。

ベンツ購入

契約して1月の入寮時にベンツで颯爽と登場した角屋投手、「自分へのプレッシャーで買った」と話し、イチロー選手と一緒に練習した際にはそのことについて「あほやなー」と言われていた。

この日、年俸440万円で育成選手契約を結んだ角屋投手は、ベンツについて「実家で預かってもらいます。支配下になるまでは乗らない」と話した。ドラフト8位とはいえルーキーで1年目で戦力外となるのは異例だったと思う。故障は完治しているようなので、再び148キロの速球と持ち前の投げっぷりを見せてもらいたい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

「車は自分へのプレッシャーであえて買いました」と笑っていたが、その愛車は年末に岐阜に帰省する際に封印。「実家で預かってもらいます。支配下になるまでは乗らない」と明かした。


PAGE TOP