広島カープのドラフト2位・横山弘樹投手がルーキー先発初勝利

横山弘樹

ルーキー先発初勝利は、広島カープのドラフト2位・横山弘樹投手が挙げた。中日を相手に7回2/3を投げて7安打2奪三振3失点だった。

多彩な変化球で

横山弘樹投手は187cmの右腕投手で、宮崎日大から桐蔭横浜大に進むと、明治神宮大会に出場する活躍を見せたが、その時は150キロ近い速球を投げるものの、制球力が良くなく荒れ球タイプの投手だった。NTT東日本に進むと1年目で制球力が安定し、都市対抗で完封するなど2勝を挙げて若獅子賞を獲得、球速も150キロ近い球を投げる本格派投手として翌年のドラフト1位候補として期待された。

しかし、社会人2年目には球速が140キロ前半しか出なくなり、多彩な変化球を投げる投手となると、試合では先発として投げまくったものの失点する場面も多く、ドラフト会議では1位候補からは名前が消えていた。

それでも、ドラフト直前には変化球を織り交ぜる投球で結果を残しはじめ、カープが2位指名をしたドラフト会議後の日本選手権では日本通運を9回2安打完封するなど2試合15イニングを投げて無失点に抑える好投を見せていた。

プロでは150キロの速球が復活する事も期待していたが、変化球を織り交ぜた投球の方を磨き、開幕ローテーションを勝ち取ると、この日は最速144キロながら、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップを織り交ぜ、中日打線に的を絞らせなかった。

広島ルーキーが2勝

ルーキー投手では東京ヤクルト原樹理投手、オリックス近藤大亮投手、横浜DeNA今永昇太投手、巨人桜井俊貴投手がここまで先発をしたが、先発初勝利は広島ドラフト2位の横山弘樹投手が挙げた。

広島はドラフト6位の仲尾次オスカル投手が1勝を挙げており、新人で2勝を挙げている。ドラフト1位の岡田明丈投手の登板も控えており、ルーキー3人がいきなり勝利を挙げれば、前田健太投手が抜け、大瀬良大地投手が故障で離脱したチームを、一気に救う事になる。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

持ち味を存分に出し尽くした。直球の最速は144キロながらカーブ、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を駆使。徹底的に中日打線の打ち気をそらした。

 「初球から振ってきていたので、交わすだけではなく、直球を投げ切ることを心がけました」

 5回無死満塁の場面ではエルナンデスをカットボールで二ゴロ併殺。続く遠藤も同じ球種で二ゴロにしとめて最少失点にとどめた。奪った三振はわずかに2個。直球を十分に意識させ、変化球で凡打の山を築かせた。

最速144キロ。五回先頭から2者連続死球などで無死満塁のピンチを迎えたが、自慢のカットボールでエルナンデスを二ゴロ併殺打、遠藤を二ゴロに仕留め、1失点で切り抜けた。八回に2失点したが、緒方監督は7回2/3を3失点にまとめたルーキーに「きょうは横山。相手を恐れることなく、ストライク先行でリズムもよかった。合格、合格」と上機嫌だった。

魔球と呼ばれるチェンジアップは、投手コーチのいなかった桐蔭横浜大時代にキャッチボールで身につけたもの。カーブはNTT東日本の先輩で現DeNAの井納から教わったボールだ。手先が器用で、中学校までは両打ち。箸はどちらの手でも扱えるという。


PAGE TOP