東北楽天ドラフト1位ルーキー・安楽智大投手が初登板初勝利

安楽智大

東北楽天のドラフト1位ルーキー・安楽智大投手が、この日1軍に昇格して先発のマウンドに上ると、福岡ソフトバンクを6回2安打無失点に抑え、初登板で初勝利を飾った。

変化球を使い

今年1年間は2軍で酒井監督の指導で投球フォームの改造に取り組んでいたが、軸足の膝を曲げて体を低く落とす構えは高校時代の2年夏から3年時とあまり変わらないようにも見えた。しかし、「高校時代は150キロを投げられていたが棒球だった。今は140キロ台でも生きてる感覚がある」と話し、この日の球速は146キロだったが、安楽投手は手ごたえを感じていた。

5つの四死球を出し満塁のピンチを迎えたものの、ここで安楽投手を助けたのはフォークボールだった。大きくドロンと曲がるフォークボールに福岡ソフトバンク打線はタイミングをとることができなかった。

埼玉西武高橋光成投手が、高校時代は角度のある球とスライダーで丁寧なピッチングを見せていたが、今は140キロ後半の速球で、どちらかというとイケイケのピッチングスタイルを見せている。安楽投手は変化球を使い、丁寧なピッチングを見せている。

プロ1年目で先発し、しかも初勝利を手にしたことは今後の成長につながってくると思う。来年は戦力としても考えられると思う。将来に向けてどんなピッチングスタイルを確立していくのか、非常に楽しみだ。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

済美高時代は最速157キロを誇り、2年時にセンバツ準優勝など甲子園を沸かせた剛腕だった。だが右肘の故障などによりフォームを見失い、プロ入り後も悩み続けた。「高校時代は150キロ以上を投げられていたが、棒球だった。今は140キロ台でも、(球が)生きてる感覚がある」と、今は球質を追い求めている。念願のデビュー戦白星をつかみ取り、同期でライバル心を燃やす西武・高橋光、楽天では田中(現ヤンキース)や松井裕も成し得なかった“勲章”を手にした。


PAGE TOP