東北楽天・オコエ瑠偉選手、千葉ロッテ・平沢大河選手が対外試合でヒット記録

オコエ瑠偉, 平沢大河

プロ野球では、昨年のドラフト会議で1位指名された2人の高校卒野手が対外試合で結果を見せた。

東北楽天・オコエ瑠偉選手

東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手は、韓国ハンファとの練習試合に8番センターで出場、第1打席は四球を選ぶとすかさず盗塁を決めた。また第2打席はレフト前に打球を運びヒットを記録、第3打席は1アウト1,3塁の場面で外野に運び、犠牲フライでの打点も挙げた。

キャンプ初日に、打撃練習で投球に差し込まれて手が腫れるなど課題を見せ、池山コーチに徹底指導を受けているオコエ選手だが、紅白戦で3ベースヒットを放ち、この日も活躍を見せて実戦の強さを見せた。

この試合を視察した千葉ロッテ・八島スコアラーは「走攻守、全てにおいて物おじしない。試合の中で進化している。」と話すと、東京ヤクルトの角編成部次長も「内角も打てる。いい体しているし高校生であんな選手はいない」と評価、阪神・飯田スコアラーも「高校生の新人とは思えない。野手で一番大事な身体能力がある」と話し、身体や身体能力、勝負強さなどを評価していた。

 

千葉ロッテ・平沢大河選手

千葉ロッテの平沢大河選手は、前日に続き台湾・ラミゴとの練習試合に8番遊撃手で出場した。前日は3打数ノーヒットも7度の守備機会を無難にこなしたが、この日は5回に正面のゴロをきれいにトンネルし、そから2失点につながる大きなミスをしてしまう。しかし、その後6回に1アウト1塁の場面でタイムリー3ベースヒット、勝ち越し打を記録しエラーを帳消しにした。

エラーについては「焦ったというか、腰が浮いてしまった。もっと練習したい」と反省したが、打撃について「真っすぐだけ張っていた」、「正直ほっとした」と素直に話した。

 

ミスもしっかりして、それでも強い気持ちで結果を残す二人の高校生ルーキー野手、一日一日と成長する姿が見えるのが本当に素晴らしい。将来は日本球界を代表する選手になりそうだ。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

ロッテ・八島スコアラー「走攻守、全てにおいて物おじしない。試合の中で進化している。近い将来レギュラーを取る選手」

反省点は五回の守備で失点につながる失策を犯したこと。「焦ったというか、腰が浮いてしまった。もっと練習したい」と頭をかいた。


PAGE TOP