北海道日本ハム、ドラフト6位の横尾俊建選手をセカンドにコンバート

横尾俊建

北海道日本ハムは、ドラフト6位ルーキー・横尾俊建選手に対し、セカンドを守るように指示をした。

高校、大学ではサード

横尾俊建選手は日大三、慶応大でプレーしてきたが主にサードを守っている。しかし昨年の今の時期にはセカンドでの守備に取り組み、慶大監督にもセカンドでも出場できることをアピールしていた。

日本ハムは強打に注目される横尾選手だが、守備でもどこでも守れるような器用な選手と評価しており、外国人選手などが入ってきやすいサードよりも強打のセカンドを目指すように指示をした。

横尾選手もセカンドコンバートを受け入れ、「打てる二塁手はかっこいい。イメージは井口さん」と、千葉ロッテの井口選手の名前を挙げていた。東京ヤクルト山田哲人選手のように、セカンドの選手が3番を打ちホームランを30本以上打ってくれれば、打線としても大きなメリットとなる。期待がかかる。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

日大三、慶大では主に三塁手を務め、昨秋の東京六大学野球でリーグタイ記録の4試合連続本塁打を放った右の大砲。「“打てる二塁手”は格好いい。イメージは(ロッテの)井口さん」と理想を描いた。


PAGE TOP