北海道日本ハム、ドラフト3位の井口和朋投手とドラフト6位の横尾俊建選手が1軍昇格

上原健太, 井口和朋, 横尾俊建

北海道日本ハムは紅白戦を行い、ドラフト3位の井口和朋投手が148キロを記録し好投、また、ドラフト6位の横尾俊建選手も2本の2ベースヒットを放ち、1軍昇格を決めた。

期待の即戦力

キャンプでは2軍スタートだったものの、ともに即戦力として期待されていた選手だったと思う。井口和朋投手投手は東農大北海道出身で、リーグ戦では先発として、また侍ジャパン大学代表ではリリーフとして147キロの球威のある速球と鋭く沈む変化球で抜群の安定感を見せていた。

この日は5回に3番手として登板すると最速は148キロを記録し、大谷翔平選手から三振を奪うなど1回ノーヒット2奪三振と完璧なピッチングを見せた。左腕を大きく上に挙げて反動をつけるようなダイナミックな投球を見せる井口投手は、1年目からリリーフで活躍できる投手と評価されていた。

また、ドラフト6位の横尾俊建選手はこの日の紅白戦で7番セカンドで出場し、2本の2ベースヒットを放った。2軍キャンプの打撃練習でも次々とさく越えを見せる打撃に栗山監督も注目をしていたが、実戦で結果を残し1軍を手にした。

横尾選手は本来はサードだが、セカンドなども守れる器用さもある。ポジションの幅広さでチャンスを掴む事も多くなる。将来的には5番サードとして小谷野選手のような活躍を期待したい選手。

 

ドラフト1位・上原健太投手は大乱調

対して紅白戦で先発をしたドラフト1位の上原健太投手は、8安打8失点をしたところで1アウトしか取れずにこのイニングを強制的に終了させられた。味方のエラーなどもあったが、陽岱鋼、レアード、大野、大谷にタイムリーを浴び、その後も西川、田中にヒットを浴びて1アウトしか取れずに8安打8失点した。

続く2回には仕切り直しで登板し1安打無失点に抑えたが、つらいマウンドとなってしまった。強風の影響もあり長身の上原投手にとってはバランスをとるのも難しいマウンドだった。また味方のエラーや強風により飛球がヒットになるなど不運も重なった。

しかし、上原投手はバッターに対して恐怖感を与えるような長身からのインコースの球が特徴で、それがプロに通用するかが1年目から活躍できるかのポイントだったが、やや難しそうだ。上原投手は190cmの大型左腕として期待されながらも、広陵高校や明治大ではエースになり切れず、当初は地元広島など複数球団がドラフト1位候補に挙げていたが、ドラフト会議では2回抽選を外した北海道日本ハムのドラフト1位となった。

多くの関係者もスカウトも、アマチュア時代の上原投手を知っているならば即戦力とは考えていないと思う。これから体を作っていき、まずは大学2年時の150キロの速球を取り戻し、そこから実戦で勝てる投手として成長をしてほしい。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

5回に白組3番手として登板した井口は最速148キロを計測し、1イニングを無安打2奪三振。大谷を外角直球で見逃し三振に仕留め「真っすぐで勝負できた」と胸を張った。白組の「7番・二塁」で出場した横尾も2本の二塁打を放ち、4打数2安打1打点。


PAGE TOP