巨人育成ドラフト8位ルーキー・長谷川潤投手が1軍先発

長谷川潤

巨人は昨年のドラフト会議で育成ドラフト8位で指名された長谷川潤投手が1軍の試合に先発した。

116番目の指名

長谷川潤投手は東京の成立学園高校から石川の金沢学院大に進学し、そこでノーヒットノーランを達成するなど好投を見せ大学代表合宿にも参加した。その後、石川ミリオンスターズに地元枠で指名され入団すると、1年目から先発、リリーフで活躍し5勝を挙げた。

2年目となった2015年に巨人の入団テストを受けると、育成ドラフトの8位で指名、全116人中116番目の指名で巨人に入団した。そして迎えた今年はキャンプ中に3軍から2軍に昇格すると、3月28日に支配下登録され、そして5月6日に1軍昇格しいきなり先発のマウンドに立った。

この日は初回に1アウト満塁のピンチを背負うが2者連続三振で切り抜けると、4回までは無失点を続けた。5回に4失点し5回8安打4失点で降板する。初先発初勝利というストーリーまではいけなかったが、育成ドラフトでビリだった選手が半年後には東京ドームのマウンドで投げているという、まれに見るストーリーを見せてくれた。

横からのやや動くボールは面白いし、1回のピンチを切り抜けた強さもある。制球も甘いし球威ももう少し必要で、もう少し鍛えたい所だが、このまま投げ続けても勝利がつく投手ではないかと思う。

「プロに入ったらスタートラインは一緒」という綺麗ごとのような言葉があるが、この日の長谷川投手の登板はそれを現実に見せてくれたと思う。長谷川選手より先に指名された選手(全員)にも夢を与えた登板となった。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP